謎とくメガネ

親子で、ソロで、参加した「謎解き」の感想と記録が中心のブログです。

コンビニナゾトキ CASE01 何故スカーレット婦人は消えたのか? に親子で参加

f:id:aaky1:20180317005555j:plain

takarush BLACK LABELが西武鉄道とコラボした謎解きイベント「コンビニナゾトキ CASE01 何故スカーレット婦人は消えたのか?」に、息子(小学校中学年)と2人で参加してきました。

イベント情報

概要

周遊型謎解き

takarush BLACK LABEL

西武鉄道とのコラボ


詳細情報

開催情報

開催場所 : 東京都 西武新宿線沿線 駅構内及びTOMONY
開催期間 : 2018年3月8日(木)〜
参加費用 : 1,400円 + 別途、電車賃
販売場所 : 次のTOMONY(トモニー)店舗 池袋駅地下改札外店(B2号店)、練馬駅店、所沢駅店(改札外)、西武新宿駅店(正面口)、高田馬場駅早稲田口店、中井駅店
報告受付時間 : 9:00〜22:00
所要時間 : 4時間〜

イントロダクション

"実際のコンビニを巡って謎を解く"
ちょっと抜けててゆるい探偵の事件解決ゲーム!
このイベントの特徴は「登場人物5匹の視点でのプレイ」と「実際のコンビニを巡って得られる情報」。
始まりは失踪事件の依頼から。鍵を握る登場人物たち…
物語が進むにつれ明らかになっていく事件の真相…
あなたはこの事件に隠されたただひとつの真実を解き明かせるだろうか?

ストーリー

町はずれにある小さな探偵事務所。
ある日、その小さな探偵事務所に初老の紳士が現れた。
彼の依頼は「失踪したスカーレット婦人を探す」こと。
単なる失踪人の捜索のはずが、謎や暗号が次々に現れて・・・
さらに失踪人を追う謎のマフィアの組織や怪盗まで現れた。
果たして自称探偵コンビのトニーとモニーは、無事にスカーレット婦人を見つけることができるのだろうか?

http://blacklabel.takarush.jp/promo/tomony/


感想・参加の記録など

以下、私がイベントに参加した際の感想や記録などです。
ネタバレには配慮していますが、事前情報なしで参加したいという方はお気をつけください。

評価


探索 
ストーリー 
演出・キット 
満足度 

※個人の主観的な評価ですので、ご参考程度にお考えください。

※2018.6.16 評価内容を改めました

イベントに参加してみての感想

可愛らしいイラストだからと言って舐めてかかってはいけません。

同じくBLACK LABELが鉄道会社とコラボした「鉄道探偵」と比較すると、無料イベントと有料イベントの違いを感じられる内容でした。

無料イベントである「鉄道探偵」は、面白い内容ではあるのですがどうしてもその移動距離の長さや乗降頻度の高さが印象に残ってしまいます(まぁ、乗車賃が参加費用のようなものですからね)。

対して今作は、キットの作り込み、謎の内容ともに満足のいくものであり、移動距離が短い分謎に集中出たきた印象があります。

特に謎のボリュームについては、寒さをしのげる場所(カフェやホームの待合スペース等)でじっくり取り組むことを推奨するものもある程でした。

また、何よりユルくて憎めないキャラクター達が何とも可愛らしいんです!

総じて良いイベントでしたので続編(CASE02?)にも期待しています!

参加の記録と補足情報

私達が参加した際の記録や補足情報です。

参加形態

小学校中学年の息子と二人で参加しました。

費用

参加に際して要した大まかな費用は以下の通りです。

謎解きキット(1つ)   1,400円
交通費(エリア内2人分) 1,100円程
飲食代(休憩時含む)   1,200円程
※自宅とエリア間の行き帰りの交通費は含まれていません。

主に経済的な理由から我が家では、無料イベントや一人1キットの購入が必要なイベントを除き、原則1キットのみ購入し協力しながら謎解きをするようにしています。

イベントによっては不便さを感じることもあるのですが、今回は作業量やキットの内容物も多かったため、子供と別々に作業・管理する煩わしさを考えると結果的に1キットを共有する形で良かったと感じています。

ちなみに、西武鉄道では今回のイベントに適した一日乗車券のようなものがありませんが、そのことも考慮してのエリア設定だったのでしょう。
移動には交通系ICカードを使用したものの乗降回数がそれ程多くなかったため、交通費の負担は他のイベントで一日乗車券を購入した場合とあまり変わりませんでした。

所要時間

キット購入からクリアまで、途中休憩も含めて5時間程でした。(※公式の所要時間目安は4時間〜ですが、キットを購入する駅によって前後するかと思います)

全体的に私がリードしヒントを出しながらも、できるだけ子供に謎解きと探索をしてもらうよう進めていましたので、慣れた方や大人の方だけでであればもっと短い時間でクリア可能だと思います。

なお、最終報告を実際のチェックポイントで22時までに行う必要があるため、時間に余裕を持ってのご参加をお勧めします。
また、通勤・帰宅ラッシュで混み合う平日の朝と夕方~夜は避けるよう計画を立てるのが良いでしょう。

推奨年齢について

タカラッシュの大人向けブランドであるBLACK LABEL主催のイベントのため、イベントを楽しめる目安は"小学校高学年レベルの日本語がわかること、簡単な英語がわかること"とされています。

お子様と参加する際のポイント

私が経験上感じてきた、小さい子供や謎解きに慣れていない子供と一緒に参加する場合のポイントをまとめてみました。

大人が熱中しすぎないこと。

私もやってしまいますが、子供を置いてけぼりにしてしまっては本末顛倒ですよね・・・。

子供にもできる謎解きや捜索を見極めること。

謎解きには大人でも子供でもある程度の経験が必要です。謎解きや捜索の難易度を見極め、大人がリードしヒントを出しながら、できるだけ子供に作業してもらうようにしています。

難しい謎ではヒントを活用すること。

後回しにできる場合はいいのですが、その謎を解かなければ次へ進めないときは、一つの謎に固執しすぎないことも大事です。とは言え、ヒントを見るのは絶対に嫌だという人(私もです)は、自分の謎解き力を上げるしかないですね(汗。

適度に休憩を挟みながら作業すること。

子供の集中力は長く持ちませんので、休憩や観光などを挟みつつ楽しみましょう。

所要時間を多めに見積もること。

開催期間に余裕があれば、日を変えて再チャレンジするのもありです。

大人2人以上で参加すること。

何をどうしても子供たちが途中で飽きてしまうことはあります。そんな時、大人が2人以上いれば“謎解き組”と“観光組”に分かれて行動することができます。我が家では家族で参加する場合、主に奥さんが観光組を担当してくれています。感謝感謝です。

【スポンサーリンク】