謎とくメガネ

親子で、ソロで、参加した「謎解き」の感想と記録が中心のブログです。

名探偵コナン謎解きラリー「スカイサーカスの謎を解け」に親子で参加

今回は、サンシャインシティで開催中の名探偵コナンとのコラボ謎解きラリー「スカイサーカスの謎を解け」に親子で参加した際の感想と記録です。



季節外れの雪がちらつく中、電車に乗って池袋サンシャインシティへ。



展望台の窓には白く煙る東京の街。



イベント情報

概要

周遊型謎解き

映画名探偵コナン「ゼロの挑戦者」とのコラボ

春休みやGWの都内観光にもおススメ!


詳細情報

開催情報

開催場所 : SKY CIRCUS サンシャインシティ60展望台
開催期間 : 2018年3月16日(金)~5月6日(日)
開催時間 : 施設の営業時間に準じます
参加費用 : 500円 ※別途入場料が必要となります
クリア特典 : オリジナルカード

ストーリー

SKY CIRCUS サンシャイン60展望台の1日支配人をつとめることになった毛利小五郎。
就任イベントでスピーチする毛利小五郎に「私が用意した謎をすべて解くことが出来るかな?」という謎の人物からの挑戦状が届けられる。
コナンは小五郎の弟子としてついてきた安室透とともに、うまく小五郎をサポートし、すべての謎を解き明かすことが出来るのか?

http://conan-sunshine.jp/


感想・参加の記録など

以下、私がイベントに参加した際の感想や記録などです。
ネタバレには配慮していますが、事前情報なしで参加したいという方はお気をつけください。

評価


探索 
ストーリー 
演出・キット 
満足度 

※個人の主観的な評価ですので、ご参考程度にお考えください。

※2018.7.19 ブログ全体の評価内容を改めました

イベントに参加してみての感想

フロアの端から端まで(と言っても過言ではないくらい)まさにコナン一色でした。

会場となった「SKY CIRCUS サンシャインシティ60展望台」には初めて訪れたのですが、むしろ普段どんな感じなんですか、と。
なにせ入場してすぐにこのお出迎えですから。



この他にも会場内にはコナン関連の撮影スポットが多くあり、撮影した写真の紹介だけで記事を一つ書けてしまうんじゃないかと思えるほどです。

コナンファンの方であれば謎解きに関係なく足を運ぶ価値があるのではないでしょうか。

さて、肝心の謎ですが、、、

コナンくん目当てで来場した謎解きに不慣れな方が、「500円ならやってみよう」的な軽いノリで参加したら面食らうのでは?

今回は小謎からしてそこそこの難易度でした。
謎解きがあまり得意でない方はヒントを活用することを推奨するレベルです。

私も参加前は「今回もライトな謎解きだろう」と高を括っていましたので、良い意味で驚きました。

逆に言うと、謎解き目的で行ったとしても満足できる骨のある謎であり、個人的には、閃きと作業のバランスも良いと感じました。

コナンファンの方にオススメ!
謎解き好きな方にもオススメ!
どっちも好きなら二度おいしいイベント
ですね。

ちなみに、今回私達は入場待ちの列に戦意喪失し参加を諦めたのですが、隣接するサンシャイン水族館でも、探偵コナンクイズラリー「サンシャイン水族館に隠された謎」が開催されています。



こちらは小さいお子様も楽しめる内容であることが想像できます。

参加の記録と補足情報

参加形態

私と小学校中学年の息子の2人での参加でした。

費用

参加に際して要した大まかな費用は以下の通りです。

謎解きキット(1つ)     500円
入場料(大人1名+子供1名) 1,800円
※自宅とエリア間の交通費は含まれていません。

主に経済的な理由から我が家では、無料イベントや一人1キットの購入が必要なイベントを除き、原則1キットのみ購入し協力しながら謎解きをするようにしています。

所要時間

入場からクリアまで、1時間25分程でした。

いつも通り、探索とヒントを出してあげれば解ける謎は子供に担当してもらいながら進めていました。ただし、今回は予想以上の難易度で、当初はそのあとに水族館へ行く予定を立てていたためあまり時間をかけられなかったこともあり、私が一人で解いた謎もいくつかありました。

ちなみに、SKY CIRCUS は子供が遊べる仕掛けが多くありますので、私が作業している間も子供はそちらで楽しんでいたようでした。

推奨年齢について

公式サイトに推奨年齢に関する記述はありませんが、小学生までのお子様には大人の方の手助けが必要なレベルではないかと思います。

お子様と参加する際のポイント

私が経験上感じてきた、小さい子供や謎解きに慣れていない子供と一緒に参加する場合のポイントをまとめてみました。

大人が熱中しすぎないこと。

私もやってしまいますが、子供を置いてけぼりにしてしまっては本末顛倒ですよね・・・。

子供にもできる謎解きや捜索を見極めること。

謎解きには大人でも子供でもある程度の経験が必要です。謎解きや捜索の難易度を見極め、大人がリードしヒントを出しながら、できるだけ子供に作業してもらうことにしています。

難しい謎ではヒントを活用すること。

後回しにできる場合はいいのですが、その謎を解かなければ次へ進めないときは、一つの謎に固執しすぎないことも大事です。とは言え、ヒントを見るのは絶対に嫌だという人(私もです)は、自分の謎解き力を上げるしかないですね(汗。

適度に休憩を挟みながら作業すること。

子供の集中力は長く持ちませんので、休憩や観光などを挟みつつ楽しみましょう。

所要時間を多めに見積もること。

開催期間に余裕があれば、日を変えて再チャレンジするのもありです。

できれば大人2人以上で参加すること。

何をどうしても子供たちが途中で飽きてしまうことはあります。そんな時、大人が2人以上いれば“謎解き組”と“観光組”に分かれて行動することができます。我が家では家族で参加する場合、主に奥さんが観光組を担当してくれています。感謝感謝です。

【スポンサーリンク】