謎とくメガネ

親子で、ソロで、参加した「謎解き」の感想と記録が中心のブログです。

MISSION RALLY Q No.3 宇宙からのタイムカプセル に親子で参加

今回は、takarush BLACK LABEL が宇宙ミュージアムTenQで開催中の謎解き「MISSION RALLY Q No.3 宇宙からのタイムカプセル」に、小学校中学年の息子と二人で参加した際の感想と記録です。



実際に私達が参加したのは昨年10月でしたので、記憶を掘り起こしながら書かせていただきます。

イベント情報

周遊型謎解き

takarush BLACK LABEL

宇宙ミュージアムとのコラボ


詳細情報

開催情報

開催期間 : 2017年7月15日(土) START
開催場所 : 宇宙ミュージアムTeNQ(テンキュー)
(東京都文京区 東京ドームシティ 黄色いビル6F )
参加費用 : 500円 ※入館料別途
捜索可能時間 : 11:00 ~ 20:00
想定所要時間 : 1.5~2時間

参加方法

館内にあるカプセルベンダーからカプセルを入手したらゲームスタートです。
謎解きは、スマートフォンを使いながら進めていきます。

ストーリー

そのカプセルには謎が詰まっていた?

先日、宇宙から届いたと思われる不思議なタイムカプセルが発見された。
たくさんの人が、そのタイムカプセルの中に入っていた謎のメッセージを解読しようと試みたが、わかった情報は「宇宙に咲く華」というものがあるということだけ。
一体このカプセルはどこから来たのか?宇宙人の目的は?

果たしてあなたは全ての謎を解読し、
メッセージにある「宇宙に咲く華」を目にすることができるのであろうか?

http://blacklabel.takarush.jp/event/TeNQ/


感想・参加の記録など

以下、私がイベントに参加した際の感想や記録などです。
ネタバレには配慮していますが、事前情報なしで参加したいという方はお気をつけください。

評価


探索 
ストーリー 
演出・キット 
満足度 

※個人の主観的な評価ですので、ご参考程度にお考えください。

※2018.7.19 ブログ全体の評価内容を改めました

イベントに参加してみての感想

そもそも、TenQは以前から気になっていた場所でしたので、宇宙ミュージアムで謎解きなんて、オラ、ワクワクしてきたぞ!的なノリで入館。

TenQの目玉でもある映像プログラムを楽しんだ後、謎解きの舞台であるサイエンスエリア、イマジネーションエリアへ。
当時は、前作「ミッションラリー Q No.2 〜それはコインが導く〜」もまだ開催(在庫が残っていただけ?)されていましたので、2つ同時進行で参加しました。

宇宙と謎解きのコラボにワクワクしていた反面、この日はSCRAPの「地下謎への招待状2017」からのハシゴ謎でそのボリュームを経験した直後だったということもあり、「カプセルに入った謎ってどうなの?」なんて思ったりもしていました。正直な話。

しかし、さすが周遊型謎解きに定評のあるBLACK LABEL!宇宙ミュージアムという舞台を活かした良い謎でした。

ミュージアムならではの"情報量の多さ"を活かし、知識を深めながら探索できる謎といったところでしょうか。
2つ分の量ということもあり探索に要する時間は短くありませんでしたが、「へぇー」「そうなんだね〜」と楽しみながら長めの探索も苦にならなかったことを覚えています。

また、探索の先に待つのも、ちゃんと閃きと作業の両方を要する一筋縄ではいかない謎でした。
我が家では、子供に任せられる探索と謎解きは任せるようにしているのですが、このときは私がキットとにらめっこしていた時間も長かったと記憶しています。

スマートフォンを使用するユニークな手法も子供に好評でした。
この設定により、謎解きの世界観を上手く広げられていたように思います。

そして、何よりエンディングです。
素敵なエンディングでした!
これはもう、とにかく皆さんも体験してください、としか言えません。

ちなみに、No.2が現在も開催中かどうかわかりませんが、一つずつ楽しみたいという方や謎解きに慣れていない方に同時進行はオススメできません。
そもそも、遊園地などと違い捜索範囲が広いわけではありませんので、一つずつ順番に参加しても作業効率はあまり変わらないかもしれません。(そもそも謎解きで作業効率の話を出すこと自体が無粋ですが。)

参加の記録と補足情報

参加形態

小学校中学年の息子と2人での参加でした。

費用

参加に際して要した大まかな費用は以下の通りです。

謎解きキット(1人分) 500円
入館料(2人分)   3,000円
※自宅とエリア間の交通費は含まれていません。

主に経済的な理由から我が家では、無料イベントや一人1キットの購入が必要なイベントを除き、原則1キットのみ購入し協力しながら謎解きをするようにしています。

なお、一緒に参加した「ミッションラリー Q No.2 〜それはコインが導く〜」については、金額を失念してしまいましたので上に含まれていません。300~500円だったと思うのですが・・・。

所要時間

前述の通り、前作「ミッションラリー Q No.2 〜それはコインが導く〜」と2つ同時進行で参加し、かつ館内見学も含めて3時間30分〜4時間程滞在していました。

単純に謎解きだけをするのであればもっと短い時間で済むと思いますが、TenQは謎解き以外にも楽しめる場所ですのでゆっくり見学していくのもいいのではないでしょうか。(入館料もそこそこするので・・・)

推奨年齢について

タカラッシュの大人向けブランドであるBLACK LABEL主催のイベントのため、イベントを楽しめる目安は"小学校高学年レベルの日本語がわかること、簡単な英語がわかること"になるかと思います。※キットでは漢字にルビはふられていません

比較的難易度は高めの謎解きですので、子供も楽しむためには大人の手助けが必要になりますが、「慣れてきたのでちょっと難しい謎解きに挑戦してみたい」という方にはオススメの謎解きです。
子供が飽きてきたら見学をして気分転換できるのもいいですしね。

参考記事

ご参考までに、以下は私が子供と一緒に謎解きに参加するときのマイルールを記事にしてみたものです。
www.nazomegane.com

【スポンサーリンク】