謎とくメガネ

親子で、ソロで、参加した「謎解き」の感想と記録が中心のブログです。

リアル脱出ゲーム×大逆転裁判 倫敦大法廷殺人事件 にソロで参加

リアル脱出ゲームとカプコンのゲーム『大逆転裁判』がコラボした「倫敦大法廷殺人事件」に、ソロで参加してきました。



気が付けば毎週のように通っている東京ミステリーサーカスです。



イベント情報

捜査と推理を駆使して、逆転無罪を勝ち取ろう!
「リアル脱出ゲーム」と「大逆転裁判」が完全に融合したまさに“リアル大逆転裁判”ともいうべき本作。
このイベントのためだけに「大逆転裁判」チームが制作したゲーム中のムービーは、主人公の成歩堂龍ノ介(CV:下野紘)、ヒロインの御琴羽寿沙都(CV:花澤香菜)をはじめ、豪華声優陣による全編フルボイス!


開催期間 : 2018年3月21日(水)~4月22日(日)
開催場所 : 東京ミステリ-サーカス 4F ヒミツキチラボ(小ホール)
チーム人数 : 最大6人
制限時間 : 60分
所要時間目安 : 程度100分

ストーリー

時は19世紀末。
倫敦の大法廷で突然起こった殺人事件。
その容疑者となったのは、日本から留学中の新米弁護士、成歩道龍ノ介。
あらゆる証拠や証言が龍ノ介の犯行を裏付けている。
あなたは龍ノ介の無実を信じ、その不可解な事件に立ち向かう弁護士。
陪審員の評決が下されるまで残り1時間。

証拠を吟味し、現場検証し、
名探偵シャーロック・ホームズと共に
この絶体絶命の状況から逆転無罪を勝ち取れ。

https://mysterycircus.jp/events/936


感想・参加の記録など

以下、私がイベントに参加した際の感想や記録などです。
ネタバレには配慮していますが、事前情報なしで参加したいという方はお気をつけください。

結果

大逆転成功!

私が参加した回での成功率は20%(1/5組)でした。

評価


探索 
ストーリー 
演出・キット 
満足度 

※個人の主観的な評価ですので、ご参考程度にお考えください。

※2018.7.19 ブログ全体の評価内容を改めました

イベントについて

冒頭に司会の方からこんな言葉があります。

「この公演は、これまでのリアル脱出ゲームの手法を踏襲していません。まさに"リアル大逆転裁判"というべき作品です。」と。

なるほど、確かにその通りかもしれません。
フォーマットが確立されたメジャーゲームとのコラボということもあってか、『大逆転裁判』側に寄せられたシステムだと感じました。

私はまだ『リアル脱出ゲーム』をかじった程度の初心者のため、特に違和感なく楽しめた、というかこれはこれでかなり面白い!と感じましたが、中にはしっくりこないと感じる方もいるかもしれませんね。

ただし、あまり『リアル脱出ゲーム』に寄せてしまうと、逆に『大逆転裁判』に思い入れのあるファンの方が楽しめないのかな、という気がしますので、そう考えると良いゲームバランスではないでしょうか。

そのため、まだ『大逆転裁判』を未プレイでこの公演をより楽しみたいという方は、事前にちょっとだけでもプレイしてみることをオススメします。
ニンテンドー3DSをお持ちでなくても、スマホ版の『大逆転裁判』を、1話だけなら120円でお試しプレイ可能ですので。

実は私も参加に当たって1話だけプレイしてみた口ですが、多少なりとも経験していたことで今回のシステムが腑に落ちやすかった気がします。

次回作があれば、ちゃんとゲームをやり込み、もっと自信を持って「異議あり!」と言いたい!!

謎について

全般的に推理要素が強いため、他のリアル脱出ゲームに比べてより論理的思考が要求されます。

とは言え、これは『リアル脱出ゲーム』ですので、もちろんそれだけでは成功できません。

閃きが必要な謎も勿論あり、推理に徹しすぎるとそこでハマってしまうという、トラップ的な使われ方をしているのが面白いと感じました。
実際に私達もそこでハマってしまい、同卓の方の閃きがなければ成功まで辿り着けていませんでした

参加の記録

参加形態

ソロでの参加でした。

チーム構成

3人組の方+ソロの方+ソロの方+私の6名構成でした。

『リアル脱出ゲーム』と『大逆転裁判』のどちらかのみプレイ経験のある方とどちらもプレイ経験のある方が混在した、バランスの取れた構成になりました。

前述した通り、推理力と閃き力のどちらも必要とされるため、まさに全員の総合力で勝ち取った成功(私が活躍したとは言っていない)だと思います。

同チームだった皆様、ありがとうございました。
『リアル脱出ゲーム』初参加だっだ方もこれを機にまた参加してくれると嬉しいですね。

【スポンサーリンク】