謎とくメガネ

親子で、ソロで、参加した「謎解き」の感想と記録が中心のブログです。

東京崩壊を防げ!「シン・ゴジラからの脱出」にソロで参加

リアル脱出ゲームと 映画『シン・ゴジラ』がコラボした「シン・ゴジラからの脱出」に、ソロで参加してきました。



『シン・ゴジラ』は、息子も大好きな映画です。
とても行きたがっていたのですが、今回は涙を呑んでもらいました。身内だけでチームを組めない限り、明らかに力不足な小学生をホール型謎解きに連れて行くわけには行きません。

この際、ゴジラの周遊型イベントもやってくれませんかねぇ。

イベント情報

これは、あなた自身が 『シン・ゴジラ』の世界で、
巨大不明生物特設災害対策本部(通称:巨災対)の一員となり、ゴジラを倒す体験型ゲームイベントです。

開催期間 : 2018年4月26日(木) ~
開催場所 : 東京ミステリーサーカス B1F 大ホール
チーム人数 : 4人
制限時間 : 60分

ストーリー

「東京にゴジラ襲来」

そのニュースに日本の平和は一瞬で崩れ去った。
東京の全てを破壊しながら歩を進めるゴジラ。 このままでは日本は壊滅してしまう。

政府はゴジラから日本を守るべく 各界のエキスパートを集めた対策本部、
通称「巨災対」を新宿歌舞伎町に設置。
あなたはその巨災対の一員だ。
あなたが使う武器は日本。自衛隊、研究所、霞が関……
日本のすべてを駆使しなければゴジラは倒せない。

決死の覚悟であなたは受話器を取った。
「総理、ゴジラを倒す作戦があります」 

いま、日本の存亡をかけた戦いが火蓋を落とす。 

あなた 対 ゴジラ
勝つのはどちらか。

mysterycircus.jp



以下、私がイベントに参加した際の記録や感想です。
ネタバレには配慮していますが、事前情報(雰囲気や開催時の様子など)なしで参加したいという方はお気をつけください。



参加の記録

結果

脱出成功!

私たちが参加した回での成功率は約23%(8組/34組)でした。

参加形態

私1人での参加でした。

チーム構成

ソロの男性2名+ソロの女性1名+私 の4名でした。

評価・感想

評価


探索 
ストーリー 
演出・キット 
満足度 

※個人の主観的な評価ですので、ご参考程度にお考えください。

※2018.7.19 ブログ全体の評価内容を改めました

イベントについて

ゴジラという、かなりのビッグネームとのコラボです。

今回、ストーリーに関しては、非常にシンプルな構成だと感じました。
ストーリー性やドラマチックな展開を重視する方には少し物足りないかもしれませんが、人間側のドラマ要素や説明要素を極少化することで、"東京を進行する災害=ゴジラ"によりフォーカスが当てられています。

映画を観ていなかったとしても、「ゴジラって何?それ食べ物なの?」という参加者の方はさすがにいないでしょう。
そのビッグネームであるゴジラの知名度と圧倒的な存在感を活かした、コラボならではの演出と言えるのではないでしょうか。

謎解きについて

小謎→中謎は、物量が多くチーム全員での分担作業が求められるものの、難易度はそれ程高いものではありませんでした。
例によってヒントもありますので、それを活用すれば大謎まで辿り着くことは難しくないはずです。

そして、大謎です。
思わず「う〜む」と腕を組んでしまいました。

私たちのチームは20分以上を残して大謎に辿り着いたのですが、正直なところ、残り5分あたりでほぼほぼ詰みかけていました。
私自身、明後日の方向を向いた解法探しに終始してしまい全く役に立てませんでした(汗)が、ラスト3分頃にチームメイトの方が閃いてくれたお陰で無事脱出できました。

大謎に関しては、ある程度の時間を残して取り組んだ方が良いと思いますので、小謎→中謎で詰まるようであればヒントを活用した方が良いでしょう。

また、好き嫌い(得意不得意)がはっきり分かれる謎かもしれません。
個人的に嫌いな謎ではなかったですが。

最後に

今回登場するのは、『シン・ゴジラ』のゴジラですので、
絶望的なまでの暴力をもって人類に恐怖をもたらす「巨大不明生物」
として描かれています。

ある意味アイドル化されてしまっていた、昭和後期の「怪獣ゴジラ」の印象が強いようでしたら、『シン・ゴジラ』を観てからの方がよりイベントを楽しめるのではないかと思います。

ドドン!

【スポンサーリンク】