謎とくメガネ

親子で、ソロで、参加した「謎解き」の感想と記録が中心のブログです。

歌舞伎町探偵セブン「事件2〜裏カジノ・イカサマ事件〜」にソロで参加

東京ミステリーサーカスで開催中の「歌舞伎町探偵セブン 事件2〜 裏カジノ・イカサマ事件〜」に、ソロで参加してきました。




イベント情報

「歌舞伎町探偵セブン」について

これは探偵となったあなたが、
実際に歌舞伎町を巡り、
未解決の事件を解き明かす
体験型ゲームイベントです。

初回捜査チケット : 2,500円 <バインダー付き>
捜査チケット(2回目以降) : 2,000円
チーム人数 : 1人〜
制限時間 : なし
※プレイ可能時間の設定あり

ストーリー

そこは歌舞伎町の外れにあるビルの二階。「セブン探偵事務所」という薄汚れた看板が道行く人の目を引く。
この街ではどんな依頼が探偵事務所に持ち込まれるのか…あなたは、ちょっとした好奇心でその事務所の扉をたたく。
待ち受けていたのは、顔に包帯を巻いた怪しい男。所長を名乗るその男は君の顔を見てこういった。
「君か?この街で探偵になりたいって変わり者は?いいだろう、この事件を全て解き明かしたら、君をセブン探偵事務所の7人目の探偵として受け入れよう」 差し出された6つの依頼書はどれも警察に相談できないワケありな事件ばかり。
しかし、やっかいなのは事件内容だけではなかった。共に捜査をする探偵達は全員クセ者。元ヤクザ、不敗のギャンブラー、金庫破り、天才科学者とハッカーの兄弟、変装の達人にしてアイドル。
あなたは、事件の依頼を引き受ける。その事件の行き着く先に歌舞伎町の大きな闇が隠されていることも知らずに…
これは、愛と金と欲望と謎の渦巻く歌舞伎町で、あなた自身が探偵セブンの最後の探偵になるまでの物語。

※その他、イベント参加前に、必ず公式サイト上の注意事項をご確認ください
mysterycircus.jp

「事件2〜 裏カジノ・イカサマ事件〜」について

おすすめ人数 : 3〜4人
所要時間 : 120〜150分

ストーリー

歌舞伎町に遊びに行ったきり失踪した有名なベテランギャンブラー。 彼は裏カジノのイカサマに嵌り、多額の借金を抱えてしまったのだ。 不正を指摘して支払いを拒否したベテランギャンブラーだったが、そのままカジノに監禁されてしまった。 ベテランギャンブラーの身柄を取り返す唯一の方法は、カジノが用意した圧倒的に不利な賭けに勝利すること。 不敗のギャンブラーBJと共に、この大勝負で幸運の女神を振り向かせろ!



以下、私がイベントに参加した際の記録や感想です。
ネタバレには配慮していますが、事前情報(雰囲気や開催時の様子など)なしで参加したいという方はお気をつけください。



参加の記録

結果

捜査完了!



参加形態

私1人での参加でした。

所要時間

2時間 5分(15:28 → 17:33)でした。

評価・感想

評価


探偵感 
ストーリー 
演出・キット 
満足度 

※個人の主観的な評価ですので、ご参考程度にお考えください。

※2018.7.19 ブログ全体の評価内容を改めました

イベントについて

「歌舞伎町探偵セブン」では、6つの事件について、探偵6人のキャラ分けや事件の切り口、重心を変えることで差別化を図っていると思われます。

その中でも、とりわけ実験色の強い企画が、この事件2なのではないでしょうか。こちらだけ、他と方向性が異なっているように感じました。
(※事件4と事件5はまだ参加していませんが、流石にこの方向性ではないと思いますので・・・)

好き嫌いが分かれるであろうこと、ネット上で疑問の声が挙がっていることも理解できます。
個人的にも、「歌舞伎町探偵セブン」の1/6としてならアリだけど、どれか一つを選ぶとしたらこれではないかな、という印象です。

謎について

ふむ・・・謎・・・謎・・・

あれは謎と呼ぶべきなのかな・・・?
と思うものがなくはないのですが、謎らしい謎はないかもしれません。

1人での参加について

事件2について、ネット上では1人での参加を推奨しないという意見も見かけますので、躊躇されている方がいらっしゃるかもしれませんが、結論としては全く問題ないです。

複数人で参加するという選択肢か存在するのであれば、敢えて1人で参加するメリットはありませんが、私のように同行者が見つからない場合は1人での参加もアリだと思います。(強がりじゃないですよ!)

1人でも詰まることは一切ありません し、街中で1人きりで踊らされたりするようなことも、勿論ありませんのでご安心ください。

まとめ記事(2018.9.14追記)

「歌舞伎町探偵セブン」のまとめと個人的なおすすめランキングを記事にしました。こちらも併せてどうぞ。
www.nazomegane.com

【スポンサーリンク】