謎とくメガネ

親子で、ソロで、参加した「謎解き」の感想と記録が中心のブログです。

無事に教室へ帰還せよ!「絶望トイレからの脱出」に親子で参加

東京ミステリーサーカスで開催中のSCRAP×サバンナ高橋茂雄 共同制作「絶望トイレからの脱出」に、親子で参加してきました。



発表以来、親子で参加を楽しみにしていた公演です。

イベント情報

概要

開催期間

2018年7月13日(金)~

開催場所

東京ミステリーサーカス 2F

チーム人数

2人

制限時間

15分

所要時間目安

30分

費用

券種 金額
ペアチケット 2,400円
リベンジペアチケット 2,000円


ストーリー

あなたは、ある小学校の5年生。
授業中、不意に激しい腹痛に襲われてしまった。

「せ、先生、
トイレ行ってきていいですか?」

恥ずかしかったが、勇気を振り絞って僕は言った。

「えっ!? アイツもしかして」

そんな空気に包まれた教室。
あちこちからクスクス笑う声が聞こえた。
でも、笑われても漏らすよりマシだ。
その時だった。窓際のアイツも手を挙げた。

「せ、先生、
僕も行ってきていいですか?」

クラスで一番目立たないアイツだ
いや、一番は僕か。
アイツも腹痛に苦しんでいたなんて……。

「なんだお前ら!
さっさと行ってきなさい。
チャイムが鳴るまでに戻って来るんだぞ!」

先生の言葉で立ち上がった僕ら。
冷静に。変に勘繰られないように。
それでいて大急ぎで行くぞ。

「急ごう。
チャイムが鳴るまでに戻らないと
みんなに冷やかされるぞ」

「ど、どこのトイレに向かってるの?」

「職員室の奥だ!
あのトイレならこっそり入れる!」

「でもあそこは使うのは禁止のはずじゃ?」

「……大丈夫だ! いこう!!」

勇気を振り絞った僕らの物語が始まった。
そのトイレにはとんでもない仕掛けがあるとも知らずに……!

公式サイト

mysterycircus.jp



以下、私がイベントに参加した際の記録や感想です。
ネタバレには配慮していますが、事前情報(雰囲気や開催時の様子など)なしで参加したいという方はお気をつけください。



評価

評価


探索 
ストーリー 
演出・キット 
満足度 

※個人の主観的な評価ですので、ご参考程度にお考えください。

記録と感想

記録

結果

失敗…からのリベンジ成功!

参加形態

小学校高学年の息子と2人での参加

感想

まず、そもそもの謎や探索は簡単な部類です。

同じフロアで開催されている「ある刑務所からの脱出」に参加されたことのある方であれば、ほぼ同程度とお考えください。

しかし、ゲームの難易度、そして楽しさは、明らかにこちらが上です。

なぜなら、"物理的に"2人でなければ謎を解けないというシステムになっており、相手とのより密なコミュニケーション、情報共有が求められるからです。

以心伝心とまではいかなくとも、「何をして欲しいか」や「何を求めているか」を的確に伝える、理解することが重要になってきます。

実際に参加してみて分かったのですが、15分という時間は絶妙で、短いように思えてやっぱり短いです。
なかなかに焦ります。

遠慮し合っている時間はありませんし、かと言って、一方が先走ってしまっても上手くいきません。
互いの持つ情報を把握した上で、自分が前に出るか?それとも相手に委ねるか?という押し引きの判断も必要になります。

そのため、ある程度気心の知れた関係性でないと、その辺りの匙加減が難しいのかなぁ、という気もしています。

参加前は、1人でも参加できるようなマッチングシステムがあってもいいのでは?と思っていたのですが、その辺の事情もあって初めは様子を見ているのかもしれません。(或いは単純に奇数偶数の問題かもしれませんが…)

また、公演全体に目を向けますと、謎そのものではなく謎を解く工程に手を加えるというアプローチで、ゲームの難易度を調整することに成功しており、それを、低料金、短時間、省スペースという、可能性を広げやすいフォーマットに落とし込んでいる点が見事だと言えます。

これなら幅広い年齢の方が参加しやすいですし、実際に親子連れの方々も多く参加されていました。

ちなみに、私たちは最後のひと工程というところで無念のタイムアップ。



金にモノを言わせてリベンジしてきましたーあははー

最後に

上でも触れた「ある刑務所からの脱出」にまだ参加されていない方は、肩慣らしとしてそちらから先に参加されることをオススメしておきます。

【スポンサーリンク】