謎とくメガネ

親子で、ソロで、参加した「謎解き」の感想と記録が中心のブログです。

たくさん解いてたくさん開けよう!「Lock Opener」に友人と参加

下北沢謎解きcafeスイッチで開催されていた「Lock Opener」に、友人と参加してきました。



参加から半月以上経過しており今更感はありますが…
今後また再演されることも見込んで感想を書きたいと思います。

イベント情報

※記事公開日現在の情報です。

概要

開催期間

2018年7〜8月の再演に参加

開催場所

下北沢 謎解きcafeスイッチ

チーム人数

8人

制限時間

60分

所要時間目安

90〜100分

費用

券種 前売券 当日券
一般 2,800円 3,300円
学生 2,300円 2,800円
小学生 1,500円 2,000円

※現地で別途、1ドリンク代(500円)が必要

ストーリー

ある日、自宅でパソコンを眺めていたあなた。
とあるサイトの内容に目を奪われ、引き込まれるようにマウスの操作を続けた──

──数日後、あなたが訪れたのは見知らぬ部屋。
そこにいた男性がおもむろに口を開いた。
「あなたはすべての鍵を開けることが出来ますか?」

※このイベントはあなたが実際に謎を解き、仲間と協力してすべての鍵を開けるルーム型謎解きイベントです。


公式サイト

www.tumbleweed.jp



以下、私がイベントに参加した際の記録や感想です。
ネタバレには配慮していますが、事前情報(雰囲気や開催時の様子など)なしで参加したいという方はお気をつけください。



評価

評価


探索 
ストーリー 
演出・キット 
満足度 

※個人の主観的な評価ですので、ご参考程度にお考えください。

記録と感想

記録

結果

Lock Opener 認定!

参加形態

友人と2名での参加

チーム

1名参加の方々+私たちの計10名

感想

今回は、先日「2099年からの脱出」を貸し切りで失敗してきた友人と、再びのルーム型参加です。

※その時の様子はこちら↓
www.nazomegane.com

「楽しかったけど次は成功してみたい!」という友人からのリクエストを受け、「それならいいのがあるよ!」と被せ気味にこの公演を提案した私。

でも本当はただただ自分が参加したかった公演でした。成功しやすいかどうかはよくわからない・・・。すまん友人よ・・・。
でもまぁ成功できたので結果オーライでしょう。

さて、こちらは名前の通り、"たくさん謎を解いて鍵を開けまくる"公演です。

そもそも設定がぶっ飛びがち(褒め言葉)な謎解きの世界では普通に存在するのですが、「鍵のかかった小箱」って日常生活では滅多に目にしません

つまり、謎を解いて鍵のかかった箱を開けるという行為は、それ自体がかなり非日常的な行為なのではないでしょうか。

そして、この公演ではその非日常的な楽しい行為に没入することができます。

程良い難易度の小謎が、とにかくたくさんありますので、解く謎に困ることはありません
「チームの方たちが猛者すぎて謎が全然回ってこなかった・・・」なんて公演の後にはもってこいでしょう。

ちなみに、ストーリーの存在はブログを書くに当たり初めて知りました。
「思い返してみるとそんな世界観だったかも」という感じです。

と言っても、謎を解くことが手段であり、また目的でもあるような公演ですので、下手なストーリーは必要ないと思います。

とにもかくにも、他の公演よりもたくさんの謎を解けて、個人的にはかなりウマウマな公演でした。

同様のコンセプトで新作を是非に!

【スポンサーリンク】