謎とくメガネ

親子で、ソロで、参加した「謎解き」の感想と記録が中心のブログです。

彼女の思いを辿る60分「あの日の君はカフェで眠る」にソロで参加

下北沢謎解きcafeスイッチで開催されていた
「あの日のカフェで君は眠る」に、ソロで参加
してきました。



こちらも参加から半月以上経過しており今更感はありますが…
今後また再演されることを見込んで感想を書きたいと思います。

イベント情報

※記事公開日現在の情報です。

概要

開催期間

2018年8月の再演に参加

開催場所

下北沢 謎解きcafeスイッチ

チーム人数

10人

制限時間

60分

所要時間目安

90〜100分

ストーリー

それはほろ苦くも甘い、君との記憶。

事故で意識を失った彼女。

しかしある日貴方は、街中で彼女の姿を目にする。

彼女を追って入ったのは、二人で過ごした思い出の喫茶店。

そこであなたが知る、彼女の思いとは──


公式サイト

anothervision.tokyo



以下、私がイベントに参加した際の記録や感想です。
ネタバレには配慮していますが、事前情報(雰囲気や開催時の様子など)なしで参加したいという方はお気をつけください。



評価

評価


探索 
ストーリー 
演出・キット 
満足度 

※個人の主観的な評価ですので、ご参考程度にお考えください。

記録と感想

記録

結果

成功!

参加形態

1人で参加

チーム

1名参加×10 の計10名

感想

まず始めに、私が参加した回のクリアタイムは30分代前半でした。

皆さんソロで参加されており慣れている方ばかりでしたが、それを差し引いてもかなり易しめの公演だったと思います。

当初から公演情報に"かなり易しい"旨の記載がありましたので不満はありませんが、謎解きに慣れている方が集まると10人ではおそらく手が余ります
興行的に難しいとは思いますが、この公演は6人くらいで遊ぶのがちょうど良いかと。

だからといって、公演のクオリティが低いかというと決してそうではありません。

謎については面白いものが多く、ルーム型ならではのギミックも随所に盛り込まれています。

また、ストーリー性が強いにも関わらず綺麗にまとまっていることにも感心させられました。

というわけで、謎解き公演としてのクオリティは保ちながら難易度は低いという、ルーム型の入門公演として謎解きに慣れていない方にもオススメできる公演だと思います。

【スポンサーリンク】