謎とくメガネ

親子で、ソロで、参加した「謎解き」の感想と記録が中心のブログです。

三つ目がとおる×ドラマチック謎解きゲーム「儀式残りし謎の島」にソロで参加

よだかのドラマチックルームで開催中の三つ目がとおる×ドラマチック謎解きゲーム「儀式残りし謎の島」に、ソロで参加してきました。



「三つ目がとおる」、20代以下の方はわかるのだろうか…?

イベント情報

※記事公開日現在の情報です。

概要

開催期間

2018年8月25日(土)〜10月28日(日)

開催場所

よだかのドラマチックルーム

チーム人数

5人

制限時間

60分

所要時間目安

120分

費用

前売券 当日券
3,300円 3,800円


ストーリー

巨大客船に乗って海外旅行に出かけていたあなた達。
しかし大嵐に遭遇して船は難破、
海に落ちたあなた達は意識を失ってしまう。
気がつくと、あなた達は見たことがない島に流れ着いていた。

同じく難破に巻き込まれて島にたどり着いていた
中学生の少年「写楽保介」と 少女「和登千代子」と
知り合ったあなた達は、行動を共にすることになった。

ジャングルに囲まれた島には見たことの ないような建築物や祭壇のような遺跡があり、
不気味な太鼓の音が鳴り響いている。
怪しげな原住民におそるおそる話しかけてみたところ、彼らが襲いかかってきた!
何とか逃げることができたが、助けを求められるような状況ではない。

不気味な太鼓の音は鳴り続けている。
あなた達は遺跡の謎を解き、何とかしてこの島から脱出できるだろうか。


公式サイト

www.yodaka.info


以下、私がイベントに参加した際の記録や感想です。
ネタバレには配慮していますが、事前情報(雰囲気や開催時の様子など)なしで参加したいという方はお気をつけください。



評価

評価


探索 
ストーリー 
演出・キット 
満足度 

※個人の主観的な評価ですので、ご参考程度にお考えください。

記録と感想

記録

結果

成功!

参加形態

1人で参加

チーム

4/5名

感想

「謎の量がかなり多い」と評判の公演です。

他でもこの公演の感想をチェックされている方は、もう聞き飽きたことかと思います。
ええ、私もこれだけは言うまいと思っていました。
それでも、あえて言わせていただきたい!

物量凄かった!!

開始前、チーム内によだかのレコード初参加の方がいらっしゃったので、「S社の倍は謎があると思いますよ」とか偉そうに言ってました。

でもごめんなさい。実際は倍どころではなかったです・・・。

物量とのバランスを取るためか、よだかのレコードにしては控えめの難易度だったと思います。
それでも、解いても解いても謎が追加される。
そう、まるでわんこそばのように。

普段から「謎をたくさん解きたい(解けるとは言っていない)」なんて言ってるくせに、中盤以降はヒィヒィ言ってました。

1人少ない4人チームだったこともあってか、チェックポイントは常に最終通過。
そして最後は、スタッフさんからナイスアシストをいただいて残り1〜2分でのギリギリクリア。

正直な話、ストーリーを楽しんでいる余裕はありませんでした。
いや、楽しむどころか、ちゃんと追えてさえいなかったかもしれません。

なんなら、自分がどんな謎を解いたか覚えていないくらいです。

でも、楽しかった。
ただひたすら楽しかったです。

SCRAPとは一味違う謎解きを味わいたい方、特に、謎に埋もれたいという方にはオススメの公演です。

【スポンサーリンク】