謎とくメガネ

親子で、ソロで、参加した「謎解き」の感想と記録が中心のブログです。

「宝探し万博」で参加した周遊型の感想と総括的なもの

今回は、先日の「宝探し万博」で参加した周遊型謎解きの感想です。



最後に、全体の総括的なことも書いています。

周遊型謎解きの感想

ゆりかもめの落とし物

f:id:aaky1:20181012232450j:plain

開催日10/13(土)・10/14(日)
費用820円(ゆりかもめ一日乗車券付き)
※通常の大人用一日乗車券と同額
【販売場所】新橋駅・豊洲駅・メイン会場
想定所要時間60分

感想

この日はじめに手にしたのがこちらのキットでしたが、思った以上に楽しむことができました。

ギミックが楽しい謎で、もしかすると大人の方より先にお子様が気付けるかもしれない、そんな絶妙な難易度だったと思います。

移動手段としてゆりかもめを使えたのも有り難かったです。他の謎解きでかなりの距離を歩くことになりましたので助かりました。

費用は820円掛かかっていますが、一日乗車券(820円)とセットですので実質無料です。

一日乗車券も、新橋駅と青海駅との往復だけでほぼ元が取れていますし、サブ会場への移動や他の周遊型でも頻繁に利用したことを考えると、もうお得でしかなかったなぁ、と。

来年も是非、このセットをお願いします。

名探偵コナン 失われたゴールド・ウェストの財宝

f:id:aaky1:20181012233234j:plain

日時10/13(土)・10/14(日)
費用500円/冊
想定所要時間40~60分


この謎解きだけ、メイン会場とサブ会場どちらからも離れたエリアが探索範囲になっていました。

せっかくなら電車で移動してみようと、「ゆりかもめの落し物」と同時進行することにしたのですが、エリアに着いてからの移動距離が思ったよりも長い・・・。

肌寒い日にも関わらず半袖一枚、外国人観光客の集団に紛れ、額に汗してバインダーを抱えながら歩いていました。
徒歩で向かわなくて本当に良かったです…。

謎については、今回参加した周遊型の中では多い方だったと思います。

お子様寄りの難易度でしたので、今後お近くのショッピングモールなどで開催があれば、ご家族での参加をオススメしたい謎解きです。

海上都市の碧き水晶を探せ!

f:id:aaky1:20181012232639j:plain

開催日10/13(土)・10/14(日)
費用500円/冊
想定所要時間60~90分

感想

こちらのキット、朝一番でメイン会場を訪れた際に、宝探しチケットの前売り特典としていただいたのですが、開いた瞬間「ん??」となりました。

そこにあったのは、まさに宝の地図。

おぅふ、これは探索がアレな・・・苦手なやつかもしれない・・・。

そっとキットを閉じました。

そこから暫く、夏休みの宿題から逃げる小学生のごとく目を背けていましたが、ジェムラプトルが早く終わって出来た時間に再度開いてみたところ・・・

ん?これはもしかして・・・なるほど!
これがそこだから、こっちがあれで、じゃあこれはあっちだ!


こんな具合に、一気に道が拓けました。
これは、この日一番の「ユリイカ!」な瞬間でしたね。

見方がわかってからはスムーズで、掌くるーして楽しく遊ばせてもらいました。
リアル宝探し感は一番強かったんじゃないでしょうか。

鞄にしまったまま終わっていたかもしれないことを考えると、参加できて本当によかった。
食わず嫌いは良くないですね。

ドリームロックマン~WWW(ワールドスリー)からの挑戦状~

f:id:aaky1:20181012233025j:plain

日時10/13(土)・10/14(日)
費用500円/冊
想定所要時間40~60分


この日最後に着手した周遊型がこちら。

想定所要時間も40〜60分と短めだったため、「まぁ30分もあれば終わるだろう」と舐めてかかっていました。

・・・が、まず歩き始めてから予想以上に捜索範囲が広いことがわかりました。

さらに、ほぼ日が落ちてから始めたため、探索の難易度が爆上げ。
そしてネックライトを忘れるという痛恨のミス!
ただでさえ探索は苦手なのに・・・暗くて・・・全然・・・見えない・・・。

そんなわけで、ここに来てまさかの最高難易度。

駅一つ分くらいの距離を歩いたものの、次の公演の時間も迫っていたため無念の途中リタイアとなりました。

総括的なもの

ということで、初めての「宝探し万博」。
個人参加記録は、公演型4・周遊型3の計7つ(途中リタイア1除く)でした。



目標は二桁でしたが、想定以上に周遊型の捜索範囲が広く、HPがゴリゴリ削られました・・・。
来年に向けて、まずはフィジカルの強化から始めなければいけませんね(汗

なお、今回は参加を見送りましたが、無料の周遊型2つも、キットを見た限りお子様向けに良くできた謎解きでした。

全体的に、公演型は大人向け、周遊型はファミリー・お子様向けという住み分けがされており、幅広い層の方が楽しめたのではないでしょうか。

私も、言葉通り"朝から晩まで一日中"謎解きばっかりしていました。
いやぁ〜、幸せでした。まさにお祭り、フェスでした。

今年は様子が分からないこともあってソロで参加しましたが、来年はソロで1日、親子でも1日参加してみたいですね。(許しがもらえれば・・・)

では最後に、この日1日の移動距離です。
いい運動になりました。



【スポンサーリンク】