謎とくメガネ

親子で、ソロで、参加した「謎解き」の感想と記録が中心のブログです。

あの頃、僕たちは勇者だった。「RPGからの脱出」にソロで参加

よだかのドラマチックルームで再演されていた「RPGからの脱出」に、ソロで参加しました。



イベント情報

※記事公開日現在の情報です。

概要

制作団体

よだかのレコード

開催期間

2018年11月2日(金)〜11月4日(日)
の再演に参加

開催場所

よだかのドラマチックルーム

チーム人数

5人

所要時間目安

120分〜

ストーリー

今度の舞台はゲーム(RPG)の世界?
二次元と三次元が交差するとき、
新しい物語が始まる。

このイベントは、集まった皆さんが同じくその場に集まった仲間達と、
実際にテレビ画面を前にRPGを遊びながら物語を進めていく完全参加型ゲームイベントです。


公式サイト

www.yodaka.info


以下、私がイベントに参加した際の記録や感想です。
ネタバレには配慮していますが、事前情報(雰囲気や開催時の様子など)なしで参加したいという方はお気をつけください。



評価

評価


探索 
ストーリー 
演出・キット 
満足度 

※個人の主観的な評価ですので、ご参考程度にお考えください。

記録と感想

記録

結果

超脱出成功!

参加形態

1人で参加

チーム

5/5名

参加に当たって

「RPGからの脱出」- 簡潔明瞭でありながら、どこか掴み所のないタイトルです。

そもそも、"実際にテレビ画面を前にRPGを遊びながら物語を進めていく完全参加型ゲームイベント"とは?

しかも、所要時間が、120分〜!?

ストーリーもあってないようなものですし。

・・・まぁひとつ確かのは、よだかのレコードの公演ですから面白いに違いない、ということでしょうか。

Twitterなどで調べればもう少し情報が出てきそうでしたが、今回は敢えて調べずに参加することにしました。

公演の感想

RPGでした。
画面を前にチームの皆さんと冒険してきました。
二次元と三次元を行ったり来たりしました。
ちゃんと謎解きもしました。


公式サイトに書いてある通りでしたね。
むしろ、あれ以上の事前情報は不要です。

この公演を最大限楽しむためには、少ない情報と大きな期待を持って参加するのが吉だと思います。

いやぁ、とても濃い時間でした。

ガッツリ謎を解く公演ではありませんが、それでも安心のよだかクオリティでした。

これを思い付いたのも素晴らしいし、それを形にしたのも凄いよなぁ、と。

第2弾の構想もあるようですので、大いに期待したいと思います。


なお、公演のシステム上、所要時間は流動的ですが、過去には最長で180分近く要したチームもあったそうです。

今後の再演に参加される方は、ハシゴで予定を組む際にご留意いただいた方が良いかと思います。

【スポンサーリンク】