謎とくメガネ

親子で、ソロで、参加した「謎解き」の感想と記録が中心のブログです。

本を開くと、不思議な生き物が飛び出した「ある魔法図書館の奇妙な図鑑」にソロで参加

東京ミステリーサーカスで開催中の Projection Table Game vol.2「ある魔法図書館の奇妙な図鑑」に、ソロで参加しました。




イベント情報

※記事公開日現在の情報です。

概要

制作団体

SCPAP

公演タイプ

ホール型

開催期間

2018年11月1日(木)〜

開催場所

東京ミステリーサーカス 4F PTGルーム

チーム人数

6人

制限時間

60分

所要時間目安

90〜100分

費用

券種 前売券 当日券
学生 2,600円 3,600円
一般 3,100円 3,600円
グループチケット
<前売りのみ>
18,000円


ストーリー

ここは、王立魔法学園。君達はそこに通う生徒で、見習い魔法使いだ。

今日は図書委員の当番の日。
司書の先生は出張に向かっているので、君達だけで業務をこなさなくてはならない。
いつも通り書架の整理をこなす君達。
しかし、うっかり稀少な魔法生物が描かれた図鑑を落としてしまう。
その拍子に、何匹かの魔法生物が逃げ出してしまった。
このままでは一時間後に魔法生物達が実体化してしまう!
君達は全ての生物を図鑑に戻し、この大事件から学園を救うことができるのか?


公式サイト

mysterycircus.jp


以下、私がイベントに参加した際の記録や感想です。
ネタバレには配慮していますが、事前情報(雰囲気や開催時の様子など)なしで参加したいという方はお気をつけください。



評価

評価


探索 
ストーリー 
演出・キット 
満足度 

※個人の主観的な評価ですので、ご参考程度にお考えください。

記録と感想

記録

結果

成功!

参加形態

1人で参加

チーム

5/6名

参加に当たって

PTGことProjection Table Game(プロジェクション・テーブル・ゲーム)の第2弾です。

謎解き制作団体は数あれど、最大手のSCPAPにしかできない公演があり、まさにこれがそうだと思います。

プロジェクション・テーブル・ゲームとは

プロジェクションテーブルゲームとは、1つのテーブルに6人で座り行うゲームです。
テーブルにプロジェクションされる内容は、自分たちが行うアクションによって、 まるで魔法のようにさまざまに変化していきます。
謎を解き明かし物語をエンディングに導く事ができればゲームクリアです!


プロジェクションマッピングと謎解きの融合 - "純粋に体験として新しい&楽しい!"という、PTG vol.1「不思議な晩餐会へようこそ」の衝撃も記憶に新しいところです。

今回私が期待するのは、それを超える、そして「これぞSCPAP!」と言えるような公演です。

公演の感想

リアル『ファンタスティック・ビースト』な世界でした。
モチーフの勝利と言っても過言ではないでしょう。

個人的に、魔法生物とかクリーチャーとか、ツボなんですよ。

造形のクオリティも高かったと思いますし、何より躍動感があって「まるで映画を観ているみたい!」と。
あれを紙で表現するのは到底不可能ですね。

演出もキラキラしていて、それでいて安っぽさを感じることは全くなく、かなり魔法感を楽しめました
本当によく出来ていたと思います。

謎の感想

瞬発力を求められる謎が多かったせいか、チームの皆さんと閃き合いながらトントン拍子で進んだ結果、20分以上を残してのクリアでした。

難易度は、おそらく前回と同等か少し易しめかもしれません。

ボリューム的に物足りなさを感じなくはありませんでしたが、自分では閃かなかった謎もありましたし、まぁ結果論ですね。

何よりも"考えて試せる楽しさ"があったと思います。
これもPTGならではの楽しさなのではないでしょうか。

気になった点

上記の通り、全体的に好印象なのですが、気になった点もありましたので書いておきます。

ズバリ、1チーム6人は多いです。

ます、スペース的な問題
今回1人少ない5人チームだったのですが、それでも密着度が高く、「これあと1人座れるの?」と感じたくらいです。

また、謎も6人だと手が余るかもしれませんね。

今回の謎は、"みんなで作業を分担する"のではなく、"みんなでアイデアを出し合う"系が多いです。

そのため、ややもすれば一部の参加者だけで進行できてしまい、他の方は「なんだかなぁ」となる可能性があります。

興行的な側面があることはわからんでもないのですが、この公演の適正人数は4〜5人でしょう。

最後に

色々と書きましたが、それでも個人的には満足度が高くオススメしたい公演です。

最後にこんなシャッターチャンス(成功と失敗の2種類)があったり↓



フォトスポットも用意されていて、公演終了後には制服を着て本棚の前で写真が撮れたり↓



ある意味では東京ミステリーサーカスの中でも、最もテーマパークらしい謎解きと言えます。

普段あまり謎解きに行かないような友人や恋人を誘いたい方は、チャンスなのではないでしょうか。

【スポンサーリンク】