謎とくメガネ

親子で、ソロで、参加した「謎解き」の感想と記録が中心のブログです。

タンブルウィード「無限召喚文字」の感想

タンブルウィードの持ち帰り謎「無限召喚文字」の感想です。



商品情報

制作団体

Tumbleweed(タンブルウィード)

タイプ

持ち帰り謎

価格

1,200円

購入時期

2018年8月

購入場所

下北沢謎解きcafeスイッチ

販売サイト

現在は販売されていないようです


以下、謎の感想です。
ネタバレには配慮していますが、事前情報なしで遊びたいという方はお気をつけください。



記録

所要時間

約60分

プレイ人数

1人

評価

難易度 
ボリューム 
ストーリー -
演出・キット 
満足度 


はじめに

こちらは、2018年1月の謎解きイベントTSQ vol.1を記念して制作された限定持ち帰り謎です。

TSQ vol.1には参加していませんが、8月に下北沢謎解きcafeスイッチを訪れた際に「再生産の予定はない」と聞き、残り数個のうち1つを購入しました。

生産終了した商品の記事というのもどうかと思いましたが、再販への期待も込めて書かせていただきます。

謎の感想

「無限召喚文字って何?」と思われた方。

はい、私も思ってました。

もうね、そのまんまでした。
そして期待以上でした。

ギミックが楽しくて、謎解きを終わらせることを忘れてしまいそうになりましたし、最後の落とし所も見事だと思います。

先日記事にした「ECO」が、タンブルウィードの最高傑作だと思っていますが、遊びやすさではこちらかもしれません。

大人の事情とか色々あって難しいのかもしれませんけど、純粋に、こんな素晴らしい謎を再販しないなんて勿体無いなぁと思ってしまいます。

【スポンサーリンク】