謎とくメガネ

親子で、ソロで、参加した「謎解き」の感想と記録が中心のブログです。

kiki「DWO TILE」の感想

kiki制作の持ち帰り謎「DWO TILE」の感想です。



商品情報

制作者

kiki

タイプ

持ち帰り謎

価格

2,000円

購入時期

2018年11月

購入場所

謎解きcafeスイッチ

販売サイト

謎解きオンラインショップスイッチ
cafeswitch.thebase.in


以下、謎の感想です。
ネタバレには配慮していますが、事前情報なしで遊びたいという方はお気をつけください。



記録

所要時間

約100分

プレイ人数

1人

評価

難易度 
ボリューム 
ストーリー -
演出・キット 
満足度 


感想

「無い知恵を絞る」

という言葉がありますが、この謎を終えて思ったのは、

"本当に無いものはどう絞っても出てこない"

のだということ。

ちゃんと言われてたんですけれどね、購入する際に。
「これヤバイやつですよ?」って。

でも、内心「どうにかなるだろう」なんて思って、帰宅後パッケージを開いて、

「うんうん、◯が▲だから、これをこうして。◇は◎だから、こうだよね。

・・・・・・で!?

そこから先、もうどうにもなりませんでした。

しばらく考えても突破口は見つからない、いや、見つかる気配すらありませんでした。

それ以上粘ったところでどうにかなる気はしませんでしたので、諦めてヒントを見た後に、

「ほぁ〜・・・」

と思わず深いため息ひとつ。

この謎においてキーとなる考え方?視点?捉え方?-どの表現が正しいか判断しかねますが、とにかく自分の中からは出てこなかっただろうな、と。

その先も2度程ヒントを頼り、脳のおそらく普段使わないような場所をフル回転しながら、ようやく正解にたどり着きました。

いやはや、終わってみれば超絶苦手な分野でしたね。

そもそも私にはこの手の素養がありませんので、ヒントを見なければ一生解けなかった気がしますし、次に同様の謎に出会っても1人では解けない自信があります(汗

得意な方はスッと解けてしまうのかもしれませんが、持ち帰り謎の中でも間違いなく最高クラスの難易度だと思います。

というわけで、"とにかくヤバイやつ"を体験してみたい方は是非。

【スポンサーリンク】