謎とくメガネ

親子で、ソロで、参加した「謎解き」の感想と記録が中心のブログです。

AnotherVision「サイフアーカイブ」の感想

AnotherVisionの持ち帰り謎「サイフアーカイブ」の感想です。



商品情報

制作団体

AnotherVision

タイプ

持ち帰り謎
※LINEアカウントが必須です

価格

500円

購入時期

2018年11月

購入場所

駒場祭

ストーリー

財布、それは人の暮らしの縮図。

あなたは数々の暗号(cipher)を乗り越えて、 そこに隠された記録(archive)を読み解くことができるでしょうか?

公式サイト

anothervision.tokyo


以下、謎の感想です。
ネタバレには配慮していますが、事前情報なしで遊びたいという方はお気をつけください。



記録

所要時間

約70分

プレイ人数

1人

評価

難易度 
ボリューム 
ストーリー 
演出・キット 
満足度 


感想

いい加減、"見た目に騙されてはいけない"ということを覚えなくてはいけないですね、はい。

手に取ってみると若干の不安を覚えるようなミニマムさですが、蓋を開ければ、否、財布を開けば、アイテムとLINEを上手に掛け合わせることで物語に奥行きを持たせた、謎解き応え十分の謎が詰まっていました。

この「サイフアーカイブ」は、「サイファー(暗号)」と「アーカイブ(記録)」と「財布」の3つが掛かっているそうです。
まさに、ひとつの財布から始まる、暗号と記録を解き明かす物語を体験できる良く出来た持ち帰り謎だと思います。

謎の解き応え、物語性、アイテムの楽しさと三拍子揃って、これで500円とは信じられない!
アイテムも凝っているため大量生産はできないかもしれません(勝手な推測)ので、見掛けたら迷わず購入することをオススメします。

【スポンサーリンク】