謎とくメガネ

親子で、ソロで、参加した「謎解き」の感想と記録が中心のブログです。

シンプルかつ究極の謎解きゲーム「Colorfuls」にソロで参加

AnotherVisionの「Colorfuls」<再演>にソロで参加しました。



イベント情報

※ブログ更新日現在の情報です。

概要

制作団体

AnotherVision

公演タイプ

ホール型

開催期間

2018年12月22日(土)・23日(日) <再演>

開催場所

アナビフェス

チーム人数

4人

制限時間

40分

費用

2,500円

ストーリー

ようこそ、シンプルかつ究極の謎解きゲームへ――


公式サイト

anothervision.tokyo


以下、記録や感想です。
ネタバレには配慮していますが、事前情報(雰囲気や開催時の様子など)なしで参加したいという方はお気をつけください。



評価

評価


探索 
ストーリー 
演出・キット 
満足度 

※個人の主観的な評価ですので、ご参考程度にお考えください。

記録と感想

記録

結果

失敗

参加形態

1人

チーム

4/4人

公演の感想

結論から申し上げます。

最高でした。

"シンプルかつ究極の謎解きゲーム"というフレーズは誇大表示ではありません。まさにその通りだと思います。

本当にね、シンプルなんですよ。
シンプルなのに難しくて、シンプルだから難しい。
シンプルなのに面白くて、シンプルだから面白い。


公演中、机の上は驚きと感動で溢れ返り、一つひとつの謎に対する「おぉ〜」「スゲェ〜」といった感嘆の声が上がり続けていました。

そして見事にやられましたね。もう美しかったです。
ここまで清々しい失敗はあまり記憶にないくらい。
鮮やかすぎて悔しさより先に感心しきってしまいましたね。

本当に素晴らしい公演でした。
謎解きに何を求めるかにもよりますが、人によってはオールタイムベストになり得る公演ではないでしょうか。

「参加をオススメします」という言葉では足りないですね。再演があれば参加すべきだと思います。

最後に

アナビフェスを通して、AnotherVisionが企画力、実装力、そして運営力の高い制作団体さんであることを再認識しました。

何より単独でフェスを開催できて、かつ、それぞれの公演においてあれだけスムーズな運営ができることは賞賛に値すると思います。

その安定感を地盤に、これからも面白いものをどんどん発信していってほしいです。

【スポンサーリンク】