謎とくメガネ

親子で、ソロで、参加した「謎解き」の感想と記録が中心のブログです。

3年B組出撃せよ!「宇宙怪獣からの脱出」に参加

SCRAPの「宇宙怪獣からの脱出」<リバイバル公演>にソロで参加しました。



イベント情報

※ブログ更新日現在の情報です。

概要

公演名

宇宙怪獣からの脱出

制作団体

SCRAP

公演タイプ

ホール型

開催期間

2018年12月7日(金) 〜 2019年1月6日(日) <リバイバル公演>

開催場所

アジトオブスクラップ横浜

チーム人数

6人

制限時間

60分

所要時間目安

費用

券種 前売券 当日券
一般 3,000円 3,500円
学生 2,500円 3,500円
グループチケット 17,400円 なし(前売のみ)


ストーリー

あなたは、変身すらまともにできない
見習いヒーロー。
正義の味方になるために
ヒーロー養成学校"A.U.アカデミー"で
日夜訓練をしてきた。

しかし、卒業試験当日に突如現れた宇宙怪獣ズグラードン。
現役を退いた教官ヒーローでは
太刀打ち出来る相手ではない。
残された希望は3年B組ヒーロー学科の生徒だけ。
怪獣到着まで残された時間はわずか60分。
あなたは無事正義のヒーローに変身し、
宇宙怪獣から街の平和を守る事ができるのだろうか。


公式サイト

realdgame.jp


以下、記録や感想です。
ネタバレには配慮していますが、事前情報(雰囲気や開催時の様子など)なしで参加したいという方はお気をつけください。



評価

評価


探索 
ストーリー 
演出・キット 
満足度 

※個人の主観的な評価ですので、ご参考程度にお考えください。

記録と感想

記録

結果

成功

参加形態

1人

チーム

6/6人

公演について

「宇宙怪獣からの脱出」は初演が2014年の11月ということでちょうど4年前の公演ですが、これは本当に良かったです。
名作と呼ばれていることも納得の出来でした。

とにかく全体の完成度が高いと感じました。

ヒーローものというキャッチーなテーマ、予想以上に骨太なストーリー展開、そしてそれらの設定が見事に昇華された謎。

謎解きを通して自分以外の誰かになりきり、その誰かの目線で考えアクションするというリアル脱出ゲームの醍醐味が存分に味わえる、そんな公演だったと思います。

謎について

テーマやストーリーとの一体感がある、没入感の強い謎でした。

当時どれくらいの脱出率だったのか分かりませんが、現在のSCRAPホール型の中では平準的な難易度だったと思います。

決して簡単ではなく、でも高難易度と呼ばれるほどではない、慣れている方なら成功しやすい公演ではないでしょうか。
まぁ個人的には苦手な謎がありましたので、あまり偉そうなことは言えないのですが・・・。

横浜アジトについて

アジトオブスクラップ横浜では、名作と呼ばれる公演がよくリバイバルされています。
まだ参加していない公演が多い、私のような新参者にとっては本当に有難いですね。

今年はコナン君リバイバルシリーズへの参戦もあり、足繁く通わせてもらいもらいましたが、まさかこれほど頻繁に横浜へ行くようになるなんて想像もしていませんでした。

リアル脱出ゲーム以外にもボードゲーム会や感謝祭など、面白そうなイベントを開催する活気ある店舗さんですので、来年は是非それらのイベントにも参加してみたいと思います。

【スポンサーリンク】