謎とくメガネ

親子で、ソロで、参加した「謎解き」の感想と記録が中心のブログです。

監視員の目を盗み脱出しろ!『ときどき監視員が見回りに来る部屋からの脱出』に親子で参加

SCRAP の『ときどき監視員が見回りに来る部屋からの脱出』に親子で参加しました。



イベント情報

※以下の情報は、ブログ公開日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がございます。

概要

公演名

ときどき監視員が見回りに来る部屋からの脱出

制作団体

SCRAP

公演タイプ

ルーム型

開催期間

2018年6月21日(木)〜

開催場所

■ナゾ・コンプレックス名古屋
■アジトオブスクラップ仙台
■アジトオブスクラップ札幌
■アジトオブスクラップ福岡・天神
■アジトオブスクラップ岡山
■アジトオブスクラップ大阪ナゾビル
■アジトオブスクラップ下北沢ナゾビル

チーム人数

10人

制限時間

60分

所要時間目安

90〜100分

費用

券種 前売券 当日券
一般 3,000円 3,500円
学生(平日のみ) 2,500円 3,000円
グループチケット 2,700円 -


ストーリー

あなたは目覚めると見知らぬ部屋に閉じ込められていた。
周りには何人か同じ状況の人たちがいるようだ。

状況を飲み込めないでいると、
ガチャリと音を立てて部屋の扉が開いた。
入ってきたのは大柄で威圧的な覆面の人物だった。

「目を覚ましたようだな......。
 残念ながら、お前らをこの部屋から出すわけにはいかない。
 俺は10分に一度、この部屋に異変がないか見回りに来る。
 だから、俺がいない間、絶対に怪しいマネをするんじゃないぞ!
 いいか絶対だぞ!!」

覆面の人物はそう言い残し、部屋から出て行った。

ここから無事に脱出するためには、
あいつにバレないように部屋を探索し、
見回りに来る前には痕跡を完璧に消さなければならない!

あなたは謎や暗号を解き明かし、
ときどき監視員が見回りに来る部屋から
脱出することができるだろうか?


公式サイト

realdgame.jp


以下、謎解きの感想等です。
ネタバレには配慮していますが、事前情報なしで参加したいという方はお気をつけください。



個人的評価

※以下の評価は、あくまで私個人の主観的なものです。ご参考程度にお考えください。

難易度


探索 

満足度

ストーリー 
演出 
総合 

参加記録

参加形態

小学生高学年の息子と2人

チーム人数

10/10人

結果

成功

感想

参加に当たって

別の記事にも何度か書いていますが、私は探索が苦手です。
探索要素の強いルーム型公演に対する苦手意識も強いです。

昨年の夏頃でしょうか、"ルーム型の楽しさに目覚めた!"と思った時期もあったのですが、負けが込んで自然と足が遠のきました

そうこうしている内に参加するタイミング…というか勢いのようなものをなくしてしまい、未参加のルーム型公演を多く残す現状です。

しかし年が変わり心機一転、今年はそんなルーム型公演にも積極的に参加していきたいと思っています。

というわけで、2019年の謎解きはじめに選んだのがこの公演!息子と2人で参加してきました。

公演の感想

まず、冒頭でスタッフさんからこんな説明があります。

「この公演は、スクラップのアジト型(ルーム型)と呼ばれる公演の中でも1・2を争うほど探索の難易度の高さです。」

えぇ、そうでしょうとも。お噂はかねがね耳にしておりましたよ。改めて宣言されると身が引き締まりますけどね。

しかし、決めたのです。今年は探索を頑張ると!
その決意表明の意味も込めて、この公演を謎解きはじめに選んだのです。

そして、いざ公演が始まると…、息子がやってくれました!

「下手に謎を解きたい欲がない分、探索でミラクルを起こしてくれるのでは?」と密かに期待していたのですが、なんと今回最難関(スタッフさん談)の〇〇を見つけ出したのです。

「よくそんなの見つけたなぁ」と素直に思えるファインプレーでした。
「探索頑張る」なんて言いながら謎に目移りしていた父親を尻目に、粘り腰で探索し続けていたのが実を結んだのでしよう。 いやぁ、思わず目を細めてしまいましたね。うんうん。

さて、親バカは程々にして、公演全体に目を移してみると、"一見トリッキーながら、実は王道のルーム型公演だったのではないか"という印象です。

探索多め、閃き系の謎、そしてなにより"部屋に閉じ込められた感"が強い
探索の難易度は高めですが、多くの方にオススメしやすいルーム型公演だと思います。

最後に

この手のエンターテイメント性の高い公演は、最大手であるSCRAPだからこそ作れるものだと思います。

新しいことにチャレンジしながらも、SCRAPらしい王道も作り続けてくれることを願います。

【スポンサーリンク】