謎とくメガネ

親子で、ソロで、参加した「謎解き」の感想と記録が中心のブログです。

満足度の高かった謎解き2018

本日は、書こう書こうと思っていながら後回しになっていた記事です。私が2018年に参加した謎解きの中から、タイプ別に満足度の高かったものを10公演ずつ選んでみました。



ホール型

公演名 団体
1 アルティメットクイズショウ Tumbleweed
2 沈みゆく豪華客船からの脱出 SCRAP
3 Colorfuls AnotherVision
4 アルティメットクイズショウ
リピーターエディション
Tumbleweed
5 脱走者緊急手術 よだかのレコード
6 最終兵器工場からの脱出 SCRAP
7 君は明日と消えていった SCRAP
8 大予言からの脱出 よだかのレコード
9 ジョジョの奇妙な館からの脱出 SCRAP
10 ドロシーと魔法の靴 Tumbleweed ×
party bunny


所感

ホール型公演はどれも完成度の高いものばかりでした。順位を付けてはいますが、あまり差はありません。

特に、1位と2位は本当に僅差でした。
謎解き要素なら『アルティメットクイズショウ』、ストーリーなら『沈みゆく豪華客船からの脱出』ですが、総合的に前者かな、という結論に至りました。

今回名前の挙がらなかったものも含めて、好みや相性の問題を別にすれば、明らかにハズレと呼べる公演はほぼ無かったと思います。

ルーム型

公演名 団体
1 2099年からの脱出 SCRAP
2 宇宙飛行士選抜試験 第2次実技試験 SCRAP
3 ROOM
– Reminiscent Of Obsolete Memories –
マスタッシュ
4 Escape from The RED ROOM SCRAP
5 アイドルは100万回死ぬ SCRAP
6 古代遺跡エルドラドからの脱出 SCRAP
7 時空研究所からの脱出 SCRAP
8 アイドルは100万回死ぬ2 SCRAP
9 LockOpener Tumbleweed
10 十人の憂鬱な容疑者 SCRAP


所感

ルーム型に関しては、「探索苦手〜」という意識ばかりが頭にありましたが、こうして振り返ってみると、バリエーションも豊富で面白い公演が多かったですね。

友人と2人で貸切状態を楽しんだ『2099年からの脱出』が補正込みで断トツ1位ですが、正統派のルーム型としては、やはり『ROOM – Reminiscent Of Obsolete Memories –』を推したいです。みなさん、是非立川へ足を運んでください。

周遊型

公演名 団体
1 電脳九龍城怨念遊戯殺人事件 takarush
BLACK LABEL
2 古書店まんせい堂奇譚 takarush
BLACK LABEL
3 謎解きカフェめぐり
クマが珈琲を飲む理由
takarush
BLACK LABEL
4 Mr.Cittaからの招待状 takarush
BLACK LABEL
5 地下謎への招待状2018 SCRAP
6 コンビニナゾトキ CASE01
何故スカーレット婦人は消えたのか?
takarush
BLACK LABEL
7 謎解き小町 takarush
BLACK LABEL
8 風の遊園地からの脱出 SCRAP
9 トロンプ・ルイユ殺絵事件 takarush
BLACK LABEL
10 鉄道探偵と消えた1億円の謎 takarush
BLACK LABEL


所感

改めて自分の好みがハッキリしました。
それは、物語性とギミックに富んだ謎解きです。

自分のペースで回れることに加え、帰宅後もキットを見返して楽しめるのが周遊型の特徴です。
だからこそ、その2点は重要だと考えます。

思わず誰かに話したくなってしまうような、素敵なストーリーと驚きに満ちたギミック。
そのどちらも高いクオリティで提供し続けてくれている takarush BLACK LABEL の作品が顔を揃えているのは必然と言えるかもしれません。

その他

その他、スタジアム型は全体的に満足度が高かったですね。

具体的には、『竜の夜からの脱出』、『ナゾトキメイロ2 迷いの森に眠る秘宝』、『大魔王ゾーマからの脱出』、『夜のレゴ王国2』などです。

【スポンサーリンク】