謎とくメガネ

親子で、ソロで、参加した「謎解き」の感想と記録が中心のブログです。

本物の王になれるか?『偽造王(フェイクキング)』にソロで参加

よだかのレコードの『偽造王(フェイクキング)』【再演】にソロで参加しました。



イベント情報

※以下の情報は、ブログ公開日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がございます。

概要

公演名

偽造王(フェイクキング)【再演】

制作団体

よだかのレコード

公演タイプ

ホール型

開催期間

2019年1月25日(金)〜2月3日(日)

開催場所

よだかのドラマチックルーム

チーム人数

6人

制限時間

60分

所要時間目安

100分ほど

費用

前売券 当日券
2,800円 3,300円


ストーリー

本物の王になれるか!?

この世で最も栄えた王の一族・アレクサンドリア家。 長くに渡りアレクサンドリア家に引き継がれていた王冠(クラウン)がある。

「王冠を手にした者は、世界の王になれる」
そう言い伝えられている王冠は今、
世界最大級の銀行の秘密金庫の中に眠っている。

あなた達は王冠を狙う盗賊。
しかし、ただの盗賊ではない。
高い能力でありとあらゆる物を偽造をして宝を奪う、偽造王(フェイクキング)。

銀行に仕掛けられた全ての謎を解き明かし、王冠を手に入れろ!


公式サイト

www.yodaka.info


以下、謎解きの感想等です。
ネタバレには配慮していますが、事前情報なしで参加したいという方はお気をつけください。



個人的評価

※以下の評価は、あくまで私個人の主観的なものです。ご参考程度にお考えください。

難易度


探索 

満足度

ストーリー 
演出 
総合 

参加記録

参加形態

1人

チーム人数

6/6人

結果

失敗

感想

公演の感想

謎解きの難易度を決める要素は、大きく分けて2つあると考えています。謎の難しさと物量です。

相変わらずの物量と(これまで参加したよだかの公演中)随一の難しさを併せ持ち、そのどちらも高い水準にあるこの公演は、間違いなく高難易度と呼べるものでした。

しかも、高難易度は高難易度でも、いわゆる"無理ゲー"ではなく、難しさの中にも面白さを感じられて、失敗すればちゃんと悔しさを覚える、そんな高難易度だったと思います。

今回、私たちのチームは、"絶対に解けない謎を自ら作り出す"というポカをしたことで詰んでしまいましたが、あそこで冷静に見直せなかったことがそもそもの敗因でしたね。

という訳で、『偽造王(フェイクキング)』は、迫り来る物量に押し潰されることなく難問の数々を解き進め、残り時間が僅かになったとしても冷静さを失わずに閃きを得たチームだけが成功を手にできる、紛うことなき名作でした。

滅茶苦茶楽しかったです。

最後に

個人的には、音楽と映像のカッコよさも印象に残りました。
コラボ公演も好きですが、新作・再演問いませんので、よだかのオリジナル公演をもっと遊んでみたいです!

【スポンサーリンク】