謎とくメガネ

親子で、ソロで、参加した「謎解き」の感想と記録が中心のブログです。

『謎が解けるCafe&Bar Switch』に行ってきました

下北沢の謎解きcafeスイッチで不定期開催されているイベント、『謎が解けるCafe&Bar Switch』に行ってきました。



イベント情報

※以下の情報は、2019年1月開催時のものです。最新の情報とは異なる場合がございます。

『謎が解けるCafe&Bar Switch』とは?

「まったりゆっくり謎を解きながらカフェやバーを楽しもう」がコンセプトのイベントです。

日頃イベントスペースとして謎解き公演の会場となることが多い謎解きcaféスイッチが、このイベント開催期間中は"店内で謎解きを楽しめるCafe&Bar"として営業されています。

『謎が解けるCafe&Bar Switch』でしか解けない謎もいくつか用意されていますし、謎解きcaféスイッチで販売している持ち帰りナゾを購入し、その場で解くのもOKです。

ドリンクはソフトドリンクからアルコールまで用意されていて、カクテルは40種類以上、タンブルウィード公演の名前を冠したオリジナルカクテルも楽しめます。

開催期間

不定期開催
※謎解きcaféスイッチのサイトやツイッターをチェックしてみてください。

開催場所

下北沢 謎解きcaféスイッチ

システム

・すべて都度会計
・1テーブル1~4名様まで
・席代として、最初に人数分のドリンクオーダーが必要
・一枚謎は500円~販売。1~4名様であれば何名でプレイしてもOK。他のテーブルとキットを使い回しは不可。
・ドリンクセット(一枚謎キット+ドリンク)、フードセット(一枚謎キット+フード)は50円引き(※フード3種盛りセットは150円引き)。
・謎解きcafeスイッチや謎解きオンラインショップスイッチで購入した持ち帰りナゾのプレイもOK。(※持ち帰りナゾのプレイのみでの席利用も1ドリンクオーダーが必要。)
・当日、電話後30分以内に到着の場合のみ、席の確保が可能(2テーブル8名様まで)。その他の席の予約は不可。当日の空席情報はスイッチのツイッターで発信。

公式サイト

nazotokicafe-switch.jp

コンテンツ情報

※以下の情報は、2019年1月開催時のものです。最新の情報とは異なる場合がございます。また、画像は公式サイトからお借りしました。

カフェ謎

WISDOM QUEST (制作者:きまぐれボックス)


<推奨プレイ人数>1~2人
<基本プレイ時間>45~60分
<プレイ料金>1,500円
<対象年齢>8歳以上

デザインキューブ (制作者:タンブルウィード)


<推奨プレイ人数>1~2名
<想定プレイ時間>30~60分
<プレイ料金>1,200円
<難易度>★★★★☆☆☆☆☆☆

一枚謎

※想定時間15分~60分

Spell (制作者:宇都宮涼・ヒラクキカク)

みかんせい (制作者:宇都宮涼・ヒラクキカク)

DDD (制作者:フライパン職人)

HEXANAZO (制作者:ことう)

リトルリドル (制作者:シードル)

ようせいとのっぺらぼう (制作者:シードル)


タブレット謎

アシメシア (制作者:タンブルウィード)


<推奨プレイ人数>1~2名
<想定プレイ時間>20分~80分
<プレイ料金>1,200円
<難易度>★★★★★★★★★☆

VR謎

魔法研究所からの脱出 (制作者:GarbageCollection)


<プレイ人数>1名
<所要時間>10~20分
<プレイ料金>800円

持ち帰りナゾ

店内で大量販売中!

店内周遊

トワイライト・ハネムーン(ヒラクキカク)

<プレイ料金>1,000円

感想

参加にあたって

『謎が解けるCafe&Bar Switch』は、以前から気になっていたイベントです。
今回、同じく気になっていた、ゆうげんの『深海箱』も開催されると聞いて、ここぞとばかりに参加を決めました。

何と言っても、このイベントでしか遊べない限定謎があるのは魅力ですよね。
中でもやはり、タンブルウィードの新作!
"難易度★★★★★★★★★☆"のインパクトは強烈ですが(汗)、期待を裏切らないことだけは確かでしょう。

入店後

まず席を確保したら、レジでドリンクをオーダーします。カフェ&バー営業ですので、随時追加オーダーも可能です。

下戸な私は「お酒を嗜むことができたら最高なんだろうなぁ」と、ひとり烏龍茶を片手に謎を解いていましたが、タンブルウィードの公演名が付いたカクテルなんて素敵ですよね。気になります…。

謎解きの遊び方

このイベントでは、小物感溢れるキットが楽しい"カフェ謎"、紙一枚に謎が詰め込まれた"一枚謎"、タブレット上で展開される"タブレット謎"、VR技術を使用した"VR謎"、店内で楽しめる"店内周遊謎"、おそらく東京一のバリエーションを誇る"持ち帰り謎"の中から好きな謎を選んで遊べます。

いずれの謎を遊ぶ場合も都度会計となっており、在庫数に限りのあるものについては、名前を伝えておき順番が来たら呼び出してもらえる"ファミレス形式"が採られています。

店内の雰囲気

店内はテーブル席(4名掛け)の他に、1名掛けの席も7〜8つ用意されており、グループでもソロでも自分たちのペースで謎解きを楽しむことができます。

スタッフさんがフレンドリーで、コミュニケーションを取りやすいのも嬉しいですね。詰まったときにヒントを聞きやすいですし。

最後に

今回、1時間程で引き上げる予定が、最終的には約2時間半、全部で5つの謎を遊んでしまいました。(※感想は別の記事で書かせていただきます )

とても良いイベントだと思います。
定期開催されるなら通いたいくらいですし、次の開催を心待ちにしています。

謎解きが好きな方、謎解きに興味のある方は、是非一度、足を運んでみてください。

【スポンサーリンク】