謎とくメガネ

親子で、ソロで、参加した「謎解き」の感想と記録が中心のブログです。

タンブルウィード『アシメシア』の感想

先日参加したイベント『謎が解けるCafe&Bar Switch』の限定謎、タンブルウィード『アシメシア』を遊んだ感想です。



作品情報

※以下の情報は、ブログ公開日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がございます。

概要

作品名

アシメシア

制作団体

タンブルウィード

タイプ

タブレット謎

開催期間・開催場所

『謎が解けるCafe&Bar Switch』
(不定期開催)

推奨プレイ人数

1〜2人

制限時間

なし

所要時間目安

20〜80分

費用

1,200円


以下、謎解きの感想等です。
ネタバレには配慮していますが、事前情報なしで参加したいという方はお気をつけください。



個人的評価

※以下の評価は、あくまで私個人の主観的なものです。ご参考程度にお考えください。

難易度


探索 

満足度

演出 
総合 

参加記録

参加形態

1人

所要時間

約65分
※内20分は『深海箱』に参加していたため、実質45分程

結果

成功

感想

はじめに

この日、『謎が解けるCafe&Bar Switch』で最初に手にした謎がこちらです。

「なんだかよくわからないものを遊びたいならオススメです」(←正確な表現は失念しましたが、ニュアンス的にはこんな感じ)というスタッフさんの言葉に惹かれて選択。

数十分後に『深海箱』を予約していたため、「その前に終わらなければテーブルに置いて離席も可能」だということを確認した上で着手しました。

謎解きの感想

"タブレット謎"という命名の通り、タブレット端末上で楽しめる、非常にシンプルかつソリッドな謎解きでした。

レジで端末を受け取った後、テーブルに着席し遊び始めたのですが、画面上に謎が映し出された瞬間、「・・・ん?これは・・・?(汗)」と数秒間フリーズしました。

程なくして取っ掛かりは掴めたものの、そこからも一筋縄ではいかず、待っていたのは試行錯誤をひたすら繰り返す地道な作業でした。

この手の作業に長けた方であれば連鎖的に解答まで辿り着けるのでしょうが、私の頭ではそう上手くいきません…。

最終的には天の声(スタッフさんの正誤判定)にも助けられて約45分(中断時間を除く)、険しくも実に楽しい道のりでした。

閃きや分析力に加えて、自分にない思考力を多く求められた謎だったと思います。

最後に

個人的に苦手なジャンルではありましたが、思いの外、否、かなり楽しめました

そして、後からジワジワ来る謎でもあります。
上手く伝わらないかもしれませんが、今、あの作業を頭の中で反芻するのが楽しいんですよね。

というわけで、タブレット謎の第2弾にも大きく期待しています!

【スポンサーリンク】