謎とくメガネ

親子で、ソロで、参加した「謎解き」の感想と記録が中心のブログです。

リアル誤認識(ミスリード)ゲーム『メタ探偵飴田季彦の滑稽な黄昏れ時 第二話……TMC新作公演爆破事件』にソロで参加

メロディラビリンスの『メタ探偵飴田季彦の滑稽な黄昏れ時 第二話……TMC新作公演爆破事件』にソロで参加しました。



イベント情報

※以下の情報は、ブログ公開日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がございます。

概要

公演名

メタ探偵飴田季彦の滑稽な黄昏れ時
第二話……TMC新作公演爆破事件

制作団体

メロディラビリンス

公演タイプ

ホール型

開催期間

2019年3月2日(土)〜3月24日(日)

開催場所

自由が丘のレンタルサロン レスピラール

チーム人数

制限時間

??分

所要時間目安

約90分

費用

3,200円

ストーリー

俺の名前は飴田季彦(あめたときひこ)。
今まで、数々の難事件を全て《メタ解き》で解決してきた、
人呼んで『メタ探偵』だ。
メタ解きというのは、手がかりが揃っていない状態の中推測で答えを導くこと、
または先の手順を予測して行動を起こしたりすることだ。
手がかりのないどんな難事件でも、俺のメタ読みで全て真犯人を暴いてきた。
以前はメタルマンという謎の人物を追い詰めたが、結局逃げられてしまった。
あいつは今ごろどこで何をしているのか、悔しいが俺にも分からない。
ん? 何やら招待状が届いたようだな。
なになに……

『TMC新作公演 ご招待のお知らせ
このたび、トウキョウメタトキーサーカスでは新作公演を行います。 アメタ様をこちらのプレス公演へとご招待させていただきます。
新作では今までにない趣向を凝らした作品となっております。
数々のミスリード……誤情報の中から、正しいヒントを
見つけ出していただくというゲームになっております。
失敗したらもちろん………フフフフ 差出人不明』

最近出来た、謎解きのテーマパークか。
特に今は空前のメタ解きブーム。ただ解くだけでは飽き足らず、
様々なメタ解きをするのが流行っているらしい。
明らかに怪しいが面白い。ちょっくら行ってみようじゃないか。
まあ、これが滑稽な黄昏れ時になるとも知らずにな……


公式サイト

passmarket.yahoo.co.jp




以下、謎解きの感想等です。
ネタバレには配慮していますが、事前情報なしで参加したいという方はお気をつけください。



個人的評価

※以下の評価は、あくまで私個人の主観的なものです。ご参考程度にお考えください。

難易度


探索 

満足度

ストーリー 
演出 
総合 

参加記録

参加形態

1人

チーム人数

6/6人

結果

シルバーランク

感想

参加にあたって

新作ラッシュのメロディラビリンス。

今回の公演は、『メタ探偵飴田季彦の滑稽な黄昏れ時 第二話……TMC新作公演爆破事件』です。

ほぉ……

何だかザワザワするワード満載ですので、事の真相を確かめるため自由が丘に乗り込んできました。

公演の感想

今回の会場は、あの"世界一メタがあるテーマパーク"として有名な、TMCこと「トウキョウメタトキーサーカス」。



出迎えてくれたのはもちろん、しかうち帽と探偵コート、パイプがトレードマークのハードボイルドなウサギさん「メタッキー」です。



そんなTMCの一室で、思う存分にメタ解きを楽しもうとしていた、まさにその時、私たちはとんでもない事件に巻き込まれてしまいました!

そして、これが実に滑稽かつ型破りで難解な事件だったのです。

「リアル誤認識(ミスリード)ゲーム」と銘打たこのゲームでは、普段我々が"謎解きのセオリー"として認識しているアレやコレがほとんど通用しません

そもそも、"謎解きのセオリー"って?
もっと言うと、"謎解き"の定義とは?
そんなことまで頭をよぎりました。

私の脳力では色々と厳しかったですが、それでも面白かった。うん、実に面白かった。

普段の謎解き公演とは違ったベクトルの思考が求められることに、ある種の中毒性を感じました

第3話、早くやりたい。なんだったら来週くらいにやりたい。

※写真はすべて許可を得たうえで掲載しています。

【スポンサーリンク】