謎とくメガネ

親子で、ソロで、参加した「謎解き」の感想と記録が中心のブログです。

不思議の国からアリスを救い出せ!『ハートの女王からの脱出』に親子で参加

3月15日にグランドオープンしたSCRAPの新常設店舗「横浜ヒミツキチオブスクラップ」。
そのこけら落とし公演である『ハートの女王からの脱出』と『Escape from The NINE ROOMS』の2作を親子で遊んできました。



まずはこちら、『ハートの女王からの脱出』の感想です。

イベント情報

※以下の情報は、ブログ公開日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がございます。

概要

公演名

ハートの女王からの脱出

制作団体

SCRAP

公演タイプ

ホール型

開催期間

2019年3月15日(金)〜5月6日(月・祝)

開催場所

横浜ヒミツキチオブスクラップ

チーム人数

1〜4人

制限時間

30分

所要時間目安

40分〜???

費用

券種 前売券 当日券
1人チケット 3,000円 3,300円
2人チケット 4,000円 4,600円
3人チケット 6,000円 6,900円
4人チケット 8,000円 9,200円

※制限時間30分間で脱出できなかった場合、1人500円の追加支払いで、10分間延長が可能

ストーリー

「お願い!アリスを助けて!」

白いうさぎに依頼され奇妙な世界にやってきたあなた。
ここはハートの女王が支配する不思議の国。

いたずら好きでわがままな女王は
気に入らないことがあるとクビをはねたり、魔法をかけたりとやりたい放題。
不思議の国の住人はハートの女王のご機嫌を損ねないようにびくびくしながら暮らしている。

ある日、そんなハートの女王の身勝手さに抗議したアリスは
女王の魔法でカードに変えられてしまった!

アリスにかけられた魔法を解く方法はただひとつ。
謎好きなハートの女王の繰り出す謎をすべて解き明かすこと。

30分以内に謎を解き、この国から脱出しないとあなたもカードにされてしまう。
すべての謎を解き明かし、アリスと一緒に不思議の国から脱出せよ!


公式サイト

realdgame.jp




以下、謎解きの感想等です。
ネタバレには配慮していますが、事前情報なしで参加したいという方はお気をつけください。





個人的評価

※以下の評価は、あくまで私個人の主観的なものです。ご参考程度にお考えください。

難易度


探索 

満足度

ストーリー 
演出 
総合 

参加記録

参加形態

小学校高学年の息子と2人

チーム人数

2人

結果

成功

感想

『ハートの女王からの脱出』について

こちらは、6年前に1週間だけ開催された幻のリアル脱出ゲームをリメイクした公演です。

開催に寄せたディレクターさんのコメントが公式サイトに掲載されていましたので、紹介させていただきます。

2013年に開催した「ハートの女王からの脱出」はアリスの冒険譚。
ハートの女王は彼女を邪魔する悪役でしかありませんでした。
今回、このゲームを再演するにあたって、まず考えたのがハートの女王ってどんな人なんだろう?ということ。

ハートの女王はわがままで、いたずら好きで、横暴な振る舞いでみんなに怖がられてしまうけれど、実はさみしがりやのチャーミングな女の子なんじゃないだろうか。
そんな女王さまがなんでアリスに魔法をかけたり、不思議の国の住人を怖がらせたりするんだろう?
そうやって、できあがったのが今回の「ハートの女王からの脱出」です。

気がついたら思ったより解きごたえのある謎ができあがったので、心してかかってください!
アリスを救いだし、ハートの女王の本心がわかったとき、あなたの世界がいつもよりちょっぴり楽しくなればいいなと思っています。

コンテンツディレクター かわかた たまみ


なお、公演内容は一新されているため以前プレイした方でもネタバレなく参加できるそうです。

公演の特徴

この公演を遊んでみて感じたのは2つの特徴です。

1つ目は、謎解きに慣れていない方でも挑戦しやすそうな公演であること。

1〜4人の好きな人数でチームを組めるのですが、通常のホール型公演と違って現地で知らない方とチームを組む必要がありません。

また、難易度も高すぎないこと、失敗しても1人500円で10分延長できることから、成功体験を得やすい公演だと言えるのではないでしょうか。

2つ目は、非常に「インスタ映え」しそうな公演だということです。

入場してまず目を引かれたのが、某王国のアトラクションをを思わせるポップでキュートなセット。そこはまさに「不思議の国」でした。

会場内には「SNS掲載OK」な撮影スポットがいくつもあって、時間が許せば全部撮りたいくらいでしたが、中でもオススメは「ハートの女王様」ですね。

撮影OKなことに驚いてしまって「えっ、本当に撮っていいんですか?」と思わず2度聞きしてしまったくらいです。
私が参加した回では、横浜アジトでもお馴染みのマサキさんが演じてらっしゃったのですが、相変わらずお綺麗でした。



とは言え、制限時間のある公演ですから、あまり写真を撮っている余裕などないかもしれません。また、撮る際も他の参加者の妨げにならないよう、ご配慮をお願いします。

ゲームシステムについて

公演タイプは「ホール型」ですが、通常のホール型公演のように全チーム同時スタートではありません。

指定時間内に受付を済ませたあと待機列に並び、テーブルが空いたら順次入場、といった感じでスタート時間は各チームバラバラ。制限時間も、入場時に手渡されたタイマーでチーム毎に管理されます。

また、体感として「スタジアム型」や「時間制限ありの周遊型」に近いものを感じる内容でもありました。

謎について

一筋縄ではいかないものの決して高すぎることはなく、謎解きに慣れている方なら"落ち着いて取り組めれば"2〜3人或いはソロでも十分に成功できる難易度だと思感じました。

ただし、そう感じられたのは、私たちが朝早い回でストレスなく参加できたことが大きかったかもしれません。

混雑する時間帯に参加された方の話を聞くと、「チェックポイントの待機に時間を消費し、心理的に追い込まれてしまった」そうです。

成功率を上げたい方は、朝一番や平日などの混雑が穏やかな時間帯に参加するのが吉かもしれません。

「ハイスピード脱出キャンペーン」について

現在、この公演では「ハイスピード脱出キャンペーン」と題して、20分以内に脱出成功した先着810名の方におまけ謎(タイムカプセル謎)が配付されています。



私たちは残念ながら力及びませんでしたが、腕に覚えのある方は是非チャレンジしてみてください!

ただし、Twitter上では「20分以内を狙ったために焦って失敗した」という声をよく見かけます。
私も実際に参加してみて、"ハイスピードキャンペーンがトラップになり得る可能性"は大いに感じましたので、やはり"焦りは禁物"だと思います。

所要時間について

私達は朝早い回だったため30〜40分で終わりました。むしろ次の『Escape from The NINE ROOMS』までの時間を持て余したくらいです。

混雑する時間帯ですと、受付を済ませてから1時間以上要することもあるようですので、後の予定は余裕を持って組むことをオススメします。

最後に

混雑時の動線やスタッフ対応など、課題も多くありそうですが、サクッと遊べるわりに解き応えもちゃんとあって良い公演だと思います。

また、脱出成功すると貰える冊子(?)が可愛らしくて、こういうのがあるとモチベーションも上がっていいですよね。



開催期間は5月6日までと短めですし、GWは大混雑間違いなしですので、気になっている方はどうぞお早めに!

【スポンサーリンク】