謎とくメガネ

親子で、ソロで、参加した「謎解き」の感想と記録が中心のブログです。

仲間との約束を信じて脱獄せよ!リアル脱出ゲーム× 約束のネバーランド 『偽りの楽園からの脱出』にソロで参加

SCRAPのリアル脱出ゲーム× 約束のネバーランド 『偽りの楽園からの脱出』にソロで参加しました。



イベント情報

※以下の情報は、ブログ公開日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がございます。

概要

公演名

リアル脱出ゲーム× 約束のネバーランド
『偽りの楽園からの脱出』

制作団体

SCRAP

公演タイプ

ルーム型

開催期間

2019年3月12日(火)〜

開催場所

アジトオブスクラップ下北沢ナゾビル
アジトオブスクラップ札幌
アジトオブスクラップ福岡・天神
ナゾ・コンプレックス名古屋
アジトオブスクラップ大阪ナゾビル

チーム人数

10人

制限時間

60分

所要時間目安

90〜100分程度

費用

券種 前売券 当日券
一般 3,200円 3,700円
学生 2,700円 3,200円
グループチケット 30,000円 -
券種 「ミネルヴァの謎解きペン」
付き前売券
一般 5,500円
学生 5,000円
グループチケット 53,000円


ストーリー

「楽園だと思った世界は、全て偽りだった」

とある小さなハウスで暮らす子どものあなたは、
エマという少女から送られてきた一通の手紙によって
平和な日常が"造られた世界"であったことを知る。

「私たちは大人になれない。そんな運命...認めない!」

一緒に暮らす仲間、
そして離れた場所に暮らすエマと協力し、
全員でこのハウスから抜け出すことを決意する。

昼夜問わず続く準備。
日に日に厳しくなる"優しい"ママからの監視。
決行の日までは残り僅か...。

最後まで仲間を信じ抜き、
1回限りのチャンスを成功させることはできるのか。
命をかけた脱獄計画が、今はじまる!


公式サイト

realdgame.jp




以下、謎解きの感想等です。
ネタバレには配慮していますが、事前情報なしで参加したいという方はお気をつけください。





個人的評価

※以下の評価は、あくまで私個人の主観的なものです。ご参考程度にお考えください。

難易度


探索 

満足度

ストーリー 
演出 
総合 

参加記録

参加形態

1人

チーム人数

9/10人

結果

成功

感想

参加にあたって

今回のコラボ元である『約束のネバーランド』、通称『約ネバ』は、週刊少年ジャンプにて絶賛連載中の人気漫画です。

sp.shonenjump.com

その内容は、ど真ん中の"脱出モノ"。

「いつかコラボされるんだろうなぁ」と思っていましたが、連載の新展開突入やアニメ放送開始で盛り上がっている今は、まさにナイスタイミングだと言えるのではないでしょうか。

とにかく申し上げたいのは、単行本1巻から追っている原作ファン(の端くれ)として、楽しみで楽しみで仕方がなかったということ!

というわけで今回、かなり気合を入れて、ルーム型公演では私自身初となる開催初日に突入してきました。

公演の感想

とても良かったです!!
率直に、コラボものとしてかなり完成度の高い公演だと思います。

他のリアル脱出ゲームとは一味違う、"『約ネバ』の世界をルームの中に再現したリアル体験型ゲーム"になっているため、とにかく没入感が強い!

特に原作へのリスペクトと拘りを感じる演出が最高でした。ホントにもう、色々と。


また、公演を通してテーマがブレないため、「なぜ脱出するのか?」という目的をチーム内で共有しやすいのも大きかったです。

これ、チーム戦であるルーム型においては、非常に重要なポイントだと考えています。脱出後の達成感や公演の満足感にも直結する要素ですしね。

難易度に関しても、決して高くはないはずですので、原作ファンの方にも是非参加してみてほしいと思います!

原作を知らなくても楽しめるか?

原作を知らない方でも充分に楽しめると思います!

……が、できれば事前に1巻だけでも読んでおくことをオススメします!!

原作を知っていることで、公演中の指示や言動についてより深く楽しめるでしょうし、この公演においてはその傾向が特に強いと感じました。

最後に

冒頭でも触れましたが、私自身初めて、ルーム型公演の初日参加でした。
そしてなんと、プレ公演を除く初成功チームになることもできました!やったー!



そうそう得られる経験ではないと思いますので、これは素直に嬉しいです。
ご一緒させていただいたチームの皆様に只々感謝です。

【追記】グッズの感想

当公演のグッズである『謎付きクリアファイル2種』と『ミネルヴァの謎付きペン』の感想も書いています。こたらも併せてご覧ください!



【スポンサーリンク】