謎とくメガネ

親子で、ソロで、参加した「謎解き」の感想と記録が中心のブログです。

リベンジなるか!?『リビルド - 再構築 - 序章:エニグマからの挑戦状』に参加

TERRA NOVA の体験型謎解きRPG『リビルド - 再構築 - 序章:エニグマからの挑戦状』に参加しました。



イベント情報

※以下の情報は、ブログ公開日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がございます。

概要

公演名

体験型謎解きRPG
『リビルド - 再構築 - 序章:エニグマからの挑戦状』

制作団体

TERRA NOVA

公演タイプ

ルーム型

開催期間

2019年4月3日(水)〜【再演】

開催場所

東京都杉並区上井草1-9-21
HIKARIビル1階
(西武新宿線「井荻」駅より徒歩7分)

チーム人数

8人

制限時間

60分

所要時間目安

約100分

費用

券種 前売券 当日券
一般 3,200円 3,500円
学生 2,700円 3,500円

ストーリー

情報を制す者が世界を制す。
第二次世界大戦にて
大敗を喫した我が国の敗因は、
自らの暗号の脆弱性と、
敵国の高い情報力にあったと言われている。
あれから更に高度な技術化が進んだ
この現代社会においては経済や文化の
基盤はすべて電子化されたデータであり、
これらの情報を掌握することができれば
世界中の国々を互いに断絶することも、
核爆弾の発射スイッチを握ることも可能である。
我々には第三国が秘密裏に開発を進める
サイバーウイルスの散布を未然に防ぎ、
世界の平和を守り抜く義務があるのだ。

―――内閣情報調査室


公式サイト

terra-nova.co.jp




以下、謎解きの感想等です。
ネタバレには配慮していますが、事前情報なしで参加したいという方はお気をつけください。



個人的評価

※以下の評価は、あくまで私個人の主観的なものです。ご参考程度にお考えください。

難易度


探索 

満足度

ストーリー 
演出 
総合 

参加記録

参加形態

グループ

チーム人数

8/8人

結果

失敗

感想

参加にあたって

井荻駅を訪れるのは約1ヶ月ぶり。
前回の『リビルド - 再構築 - レジスタンス第1章 古代遺跡の守り神』は、嫌という程自分の無力さを思い知らされた因縁(!?)の公演です。

↓前回の感想はこちら↓

有難いことに、今回もグループの一員に混ぜてもらい、リベンジを果たすべく参加してきました!

公演の感想

『リビルド』シリーズの第1弾公演ということで、時系列的には前回よりも前になるのでしょうか。 比較的シリアスな展開のようでしたが(←いまいちストーリーが追えていない)、公演中はキャストさんとの絡みもあって適度にワチャワチャ楽しめたと思います。

しかし……、謎は相変わらず重たかったです。中には、「時間制限ありの公演でそれを出すのか!?」と思わず笑ってしまうような謎もありました。

それでも、元より手練れ揃いのメンバー。開始前から気合充分だったこともあり、要所々々で好プレーが連鎖し、大きく詰まることもなく、成功はもう目前というところまで来ていました。


……そう、あと一歩。

あと一歩なのは分かっていたのに…。むむむ………。その一歩が……近いようで遠かった……。

あれだけ経験豊富なメンバーを以ってして、最後の謎に気付けなかったのは、正直なところかなりショッキングな出来事でした。

"お通夜ムード"とはまさにあのことを言うのだと思います。数十秒間、誰一人として言葉を発せないまま、スタッフさんが話を切り出すことさえできないほどに沈痛な雰囲気でした。

もちろん、出来ることなら成功して一緒に喜びたかったですが、"成功はみんなの成功、失敗もみんなの失敗"、これも謎解き公演の醍醐味なのかもしれません。

というわけで、残念ながらリベンジならず!
見事に返り討ちにされましたが、途中までかなり手応えがあった分、前回よりも余程悔しさの残る失敗でしたね。

しか〜し、リビルドの悔しさはリビルドでしか晴らせないのです!新作待っていますよ!


ちなみに、『序章:エニグマからの挑戦状』と『レジスタンス第1章:古代遺跡の守り神』は、どちらから遊んでも問題ないと思います。それぞれ違ったテイストのルーム型公演として楽しめますし、会場は同じビルの1Fと地下ですので、ハシゴ参加が効率的ですよ!

【スポンサーリンク】