謎とくメガネ

親子で、ソロで、参加した「謎解き」の感想と記録が中心のブログです。

『TAMAARI SUPER QUEST vol.3 ドルアーガの謎』に親子で参加

4月13日(土)・14日(日)の2日間、さいたまスーパーアリーナで開催された『TAMAARI SUPER QUEST vol.3 ドルアーガの謎』に親子で参加しました。



イベント情報

※以下の情報は、ブログ公開日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がございます。

概要

タイトル

TAMAARI SUPER QUEST vol.3 ドルアーガの謎

制作団体

クロネコキューブ
NAZO×NAZO劇団
タンブルウィード
K-dush2

タイプ

周遊型

開催期間

2019年4月13日(土)・14日(日)

開催場所

さいたまスーパーアリーナ

チーム人数

1人〜

制限時間

なし

所要時間目安

4〜5時間

費用

券種 前売券 当日券
一般チケット 5,000円 6,000円
プレミアムチケット 7,00円 8,000円


イベント紹介

TSQ vol.3は名作アクションRPG「ドルアーガの塔」とのコラボレーション

さいたまスーパーアリーナがドルアーガの塔へと変貌。
冒険者である、あなたの行く手を阻む数々の謎。
「ドルアーガの謎」をすべて解き明かした先にあるものとは。

「ドルアーガの謎」はさいたまスーパーアリーナを舞台にした、 超大型謎解きイベント「TAMAARI SUPER QUEST」第3弾。
株式会社ナムコ(現株式会社バンダイナムコエンターテインメント)より 1984年に発表された「ドルアーガの塔」の世界をモチーフにした 「この日、ここでしか体験できない」リアル謎解きゲームイベントです。


ストーリー

女神イシターにより封印されていた悪魔ドルアーガは復活を果たし、 魔力を使い天上界よりブルークリスタルロッドを盗み 塔に立てこもっていた。そして、その塔はいつしか ドルアーガの塔と呼ばれるようになった。
イシターの巫女であるカイは、ロッドを奪還すべく塔に挑むが ドルアーガの魔力の前に敗れ、石に変えられ囚われてしまった。
王国の王子であるギルは、黄金の鎧を身にまとい 恋人でもあるカイを救出する為にドルアーガの塔へ挑む。
ギルは様々なモンスターを倒しながら、 一歩、また一歩、カイが囚われている塔の最上階を目指す。
そして、ドルアーガを倒す為に必要とされるアイテムを塔の内部で入手し、 いよいよ決戦の時が近づこうとしていた・・・。


公式サイト






以下、謎解きの感想等です。
ネタバレには配慮していますが、事前情報なしで参加したいという方はお気をつけください。





参加記録

参加形態

小学校高学年の息子と2人

所要時間

合計:4時間4分33秒

結果

成功

感想

『TAMAARI SUPER QUEST vol.3 ドルアーガの謎』は、「クロネコキューブ」、「NAZO×NAZO劇団」、「タンブルウィード」による3つの周遊型謎解き+「K-dush2」によるエクストラコンテンツ(プレミアムチケットまたは当日別途2,500円で参加可能)で構成されていました。

ひとつひとつが通常の周遊型謎解きに匹敵するボリュームだったため、今回は別々に感想を書いてまいります。

クロネコキューブ『翡翠の導き』の感想

NAZO×NAZO劇団『真紅の絆』の感想

タンブルウィード『紺碧の謎』の感想

K-dush2『黄金の秘宝』の感想

全体の感想

個々の感想ではあえて触れていませんが、今回は兎に角タンブルウィードさん製作のゲームシステムが素晴らしかったです。
RPG感がより一層増した、と言うか最早RPGそのものでしたし、各フロアを繋ぐ潤滑油、いやそれ以上で、もうあれなしでは『ドルアーガの謎』が成り立たないレベルの、まさに根幹を成すシステムでした。

それに、個人的に周遊型でとかく曖昧になりがちなのが所用時間ですので(そこまでマメな性格ではないため途中で休憩を挟んだりすると特に)、ああやってちゃんと記録に残していただけると後から見返せる楽しさがありますよね。

"全体の感想"と言うより"ゲームシステムの感想"になってしまいましたが、そのお陰もあって、前作に比べ明らかに統一感のあるイベントに仕上がっていたと思います。

『謎付きクリアファイル』3種の感想

【スポンサーリンク】