謎とくメガネ

親子で、ソロで、参加した「謎解き」の感想と記録が中心のブログです。

TAMAARI SUPER QUEST vol.3 ドルアーガの謎 タンブルウィード『紺碧の謎』の感想

TAMAARI SUPER QUEST vol.3 ドルアーガの謎のFinalフロア、タンブルウィード劇団制作『紺碧の謎』の感想です。


イベント情報

※以下の情報は、ブログ公開日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がございます。

概要

タイトル

TAMAARI SUPER QUEST vol.3 ドルアーガの謎
Finalフロア『紺碧の謎』

制作団体

Tumbleweed(タンブルウィード)

タイプ

周遊型



以下、謎解きの感想等です。
ネタバレには配慮していますが、事前情報なしで参加したいという方はお気をつけください。





個人的評価

※以下の評価は、あくまで私個人の主観的なものです。ご参考程度にお考えください。

難易度


探索 

周遊要素

ボリューム 
移動距離 

満足度

ストーリー 
演出・キット 
全体 

参加記録

参加形態

息子と2人

所要時間

1時間11分44秒

結果

成功

感想

『翡翠の導き』『真紅の絆』と、3時間近くに及ぶ冒険を経て辿り着いた最終フロア。待ち受けていたのは、タンブルウィード制作の『紺碧の謎』です。

最後のフロアということもあって、それまでの展開を頭の中で振り返っていたのですが、「これだけ名の知れた団体さんになると、やはり色が強く出るもんだなぁ」と改めて感じました。

クロネコキューブさんだけはまだ特徴を掴みきれていませんが、NAZO×NAZO劇団さんは、まさに「我が道を行く!」なスタイルでしたし、タンブルウィードさんは、一見優しそうな顔から"切れ者"な雰囲気が隠し切れず滲み出ていました。難易度を抑えながらもしっかりと主張された、良い謎だったと思います。

考えてみると、タンブルウィードさんの周遊型は初体験だったのですが、なるほど、最後の落とし方までキレイに作られていて、謎解き好きの喜ばせ方を分かっている流石の出来でした。

あそこからアノ展開があって…、からのアノ展開ですから、疲れなんて一気に吹き飛んじまったってもんです。本当の最後の最後まで、目一杯楽しませてもらいました!

【スポンサーリンク】