謎とくメガネ

親子で、ソロで、参加した「謎解き」の感想と記録が中心のブログです。

闇オークションに潜む真実を推理せよ!『ルートだけが知る手紙』に参加

すゞひ企画さんの『ルートだけが知る手紙』に参加してまいりました。



イベント情報

※以下の情報は、ブログ更新日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がございます。

概要

公演名

ルートだけが知る手紙

制作

すゞひ企画

タイプ

演劇×体験型ミステリー

開催期間

2019年5月27日(火)〜6月2日(日)

開催場所

J-SQUARE SHINAGAWA

チーム人数

6人

制限時間

あり(捜査パート)

所要時間目安

約185分

費用

券種 前売券 当日券
一般 5,600円 6,000円
学生 5,200円 5,600円
リピーター 一般 5,600円 6,000円
リピーター 学生 5,200円 5,600円
ネタバレイベント 3,000円 3,500円


ストーリー

J-SQUARE SHINAGAWA。
ここでは数年に一度、危険な闇オークションが催される。
今日は、13年ぶりの開催日。
日本中のVIPが…、
いや、日本中のきな臭い連中がこの会場に集結した。
どうやら、今年は近年稀に見る“当たり年”らしい。

今回の目玉は、とある「女」

そう、人身売買である。
日本では、本来体験することができない光景に会場は熱狂した。
さらにこの「女」、
とある秘密を抱えているらしい。

オークショニアが高らかに宣言する。
「まずは1000万円からスタートです」
落札の木槌が振り下ろされた時、突如として会場中に悲鳴が響き渡る。
どうやら「女」が殺された、とのことだった。

何故その「女」は殺されなくてはいけなかったのか。
何故その「女」はオークションにかけられる運命だったのか。
そして、その「女」が抱えていた秘密とは?
いま、衝撃の真実が落札される  


公式サイト






以下、謎解きの感想等です。
ネタバレには配慮していますが、事前情報なしで参加したいという方はお気をつけください。





個人的評価

※以下の評価は、あくまで私個人の主観的なものです。ご参考程度にお考えください。

難易度 
ストーリー 
演出 
満足度 


参加記録

参加形態

1人

チーム人数

6/6人

結果

インターポール級

感想

参加にあたって

すゞひ企画さんの主宰である鈴木秀明さん、S社の公演でもよくお見かけしています。

昨年の『作家Qと解答者Aの不思議な関係』に参加して以来すっかりファンになった私、鈴木さんが司会だとかなりテンションが上がってしまうのですが、心の中ではいつもこう思っていました。

「うん、いい!鈴木さんの司会いいよ!最高!でも……それ以上に、すゞひ企画の新作が待ち切れないんスよ!」

そんな私の切なる願いが届いた……のかは定かでありませんが(きっと違う)、すゞひ企画さん待望の新作が開催されるとの吉報が届きました!

そのタイトルは『ルートだけが知る手紙』!
そして、公演に先駆けて発表された鈴木さんのコメントがこちら。

今回のすゞひ企画のテーマは「闇オークション」です。
とあるシリアルキラーが愛用していた帽子、フランクリン・ピアーズが幼少期に描いた奴隷の絵、永山則夫が獄中で書いた初めての手記。
数々の珍品、名品が出品されます。

皆さんは、とある人物に依頼されて、そんな闇オークションを調査しにやって来た探偵さんです。
どうやら今回のオークションでは「人間」が出品されるらしいのです。

しかし、もちろん調査にかまけて、ただぼーっとオークションの光景を眺めているだけだとしたら、きっとあなたは主催者に怪しまれることでしょう。
「あいつらは、何しに来たんだ!きっと探偵だ!」ってね。
皆さんは、調査の傍でオークションに参加しないといけないでしょうし、もしかすると依頼された出品物を落札しないといけなくなるかもしれません。
もちろん、その企みは誰にも悟られないように。
これは、あなたの大胆さと度胸、そして緻密さが試される、リアルオークションゲームでもあるのです。

当然、今回も何かしらの事件は起きますよ。
そうなったら当然オークションどころではありませんね。
事件を捜査しないといけないでしょうし、皆さんだって、きっと真実が知りたくなるはずです。

真実を全て知った時、
皆さんは、この闇オークションに興奮し、驚き、
そして、隠された物語に悲嘆することでしょう。

これは、僕が今まで描きたくなかった、
でも、描かざるを得なかった、人間の闇の物語なのです。

鈴木秀明


闇オークション……なんとも昂る題材じゃあないですか!
というわけで、早速体験してまいりました!

演劇について

今回の会場は、J-SQUARE SHINAGAWA。 昨年のTMCヒミツキチラボに比べてかなり広めの会場です。これはもしかして、凄いことになっているのでは……!?と期待しての会場入り。

もうね、観劇に関しては"ド"が付く素人の、そんな私にも分かりましたよ。り、臨場感が…!迫力が……!!って。

とにかく、役者さんとの距離が近い!まともに直視できないくらいなんです。まさに手の届く距離で繰り広げられる迫真の演技の数々。スリリングでハードボイルドな世界観と相まって、圧倒されっぱなしの185分間。

ストーリーの中にどっぷりと引き込まれ、いや引き摺り込まれ、終始胸をザワつかせていました。役者さんって、ホント凄いなぁ…。

ミステリーについて

ミステリーイベントですので、慣れ親しんでいる(つもりの)謎解きとはかなり勝手が異なります。

ですが、それを差し引いても、鈴木さん、今回ちょっと気合い入りすぎじゃないですか!?とこぼしたくなるほどの難しさでした。終始、雲を掴むような感覚で捜査を続けていましたね。

重要な証拠を見逃さない嗅覚、キーとなる証言を引き出す捜査力、情報の断片をを組み立て繋ぎ合わせる論理的思考力、そのさらに裏側の真相を読み解く推理力……あれ?おかしいなぁ、私には足りないものばかりだ(涙

いやぁ、厳しかった。名探偵への道のりはまだまだ遠く遥か彼方だなぁ、とションボリしていたのですが……、なんと結果はまさかの2位入賞!

まさに望外、実に予想外の出来事でしたので、チームNO.を呼ばれた際は「え?本当に?」とチームの皆さんと確認しあったほどです。

いやもう、同チームの皆様には感謝の言葉しかありません。
2位入賞すると頂けるサイン色紙も手に出来て、本当に良い思い出になりました(ToT)



最後に

前売り券5,600円は、謎解き公演で考えると少し割高に感じるかもしれません。

しかしながら、あのボリュームと濃度の体験ができると考えれば、むしろ安いくらいです!

明日以降まだチケットのある回もあるようですので、都合のつく方は是非、品川まで足を運んでみてください。謎解きやリアル体験型イベントに興味があって、このブログを目にされている方であれば、最高に刺激的な体験が出来るはずですので!

私自身、いつも以上に書きたいことだらけなのですが、書ける範囲で上手くまとめられる自信がないので(身も蓋もない……)、思う存分語らい合える方を募集中です…!

【スポンサーリンク】