謎とくメガネ

親子で、ソロで、参加した「謎解き」の感想と記録が中心のブログです。

ニチョ謎『パズルおせち 2017・2018・2019』の感想

ニチョ謎さんの持ち帰り謎『パズルおせち 2017・2018・2019』を遊んだ感想です。



商品情報

※以下の情報は、ブログ公開日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がございます。

概要

タイトル

パズルおせち 2017
パズルおせち 2018
パズルおせち 2019

制作団体

ニチョ謎

タイプ

持ち帰り謎

価格

各 300円

商品説明

パズルがぎゅっとつまったおせちです。
じっくりと時間をかけてお召し上がりください。

販売サイト

以下のサイトからPDFデータが購入可能です。


※データの共有はご家族までに制限されていますので、ちゃんと守りましょう!


購入記録

購入時期

2019年3月

購入場所

セブンイレブン・コンテンツプリント



以下、謎の感想等です。
ネタバレには配慮していますが、事前情報なしで遊びたいという方はお気をつけください。





個人的評価

※以下の評価は、あくまで私個人の主観的なものです。ご参考程度にお考えください。

難易度 
ボリューム 
満足度 


感想

ニチョ謎さんの『パズルおせち』、先日完食しました〜!

2019から始めて、2018、2017と、足掛け2ヶ月以上、何度も何度も詰まりながら、少しずつ歩を進めてのクリアでした。

このブログでは何度も白状していますが、私、パズルが大の苦手です。最近ではもう、克服しようという気さえなくなってきました。

それでも!そんな私でも!
ニチョ謎さんのパズルには惹きつけられて止まないのです。

パズル的センスが皆無でも理詰めと閃きで諦めずに這いつくばって、"思考停止の向こう側"へと足を踏み入れる瞬間の、あの快感に病みつきになってしまったのです。

直向きに変態で、何処までも宇宙で、天才的なまでにサディスティックな、目眩くパズルの世界。

時が経つのさえ忘れ、無心になって、それに向き合うときの、あの感情を表す言葉……それは"楽しい"以外にないでしょう!そう、圧倒的に楽しいのです!

パズルは苦手だけど、ニチョ謎さんのパズルは好き!
一見すると大きな矛盾ですが、私にとっては絶対的真理です。


特にこの『パズルおせち』シリーズは、300円で遊べていい代物ではないです。間違いありません。

【スポンサーリンク】