謎とくメガネ

親子で、ソロで、参加した「謎解き」の感想と記録が中心のブログです。

謎解きの醍醐味が詰まった傑作!タンブルウィード『ゾンビラボからの生還』の感想

タンブルウィードさんの新作公演『ゾンビラボからの生還』に参加してきました。



イベント情報

※以下の情報は、ブログ更新日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がございます。

概要

公演名

ゾンビラボからの生還

制作

Tumbleweed(タンブルウィード)

タイプ

ホール型

開催期間

2019年7月3日(水)〜7月21日(日)
【追加開催】8月23日(水)〜25日(日)

開催場所

謎解きcafeスイッチ

チーム人数

4人

制限時間

60分

所要時間目安

90〜100分

費用

券種 前売券 当日券
一般 3,200円 3,700円

※ 当日1ドリンク500円別途必要

※学生割引あり

大学生・高校生・中学生・専門学生の方は一般チケットをご購入の上、現地で学生証をご提示ください。500円をキャッシュバック致します。小学生の方は1,500円をキャッシュバック致します。


ストーリー

202X年―――
T&W製薬の研究所では、日々新薬の研究が行われていた。
しかし、とある新薬を投与された被検体が次々とゾンビ化。
研究所は大混乱に見舞われた。

あなたはその研究所で働く研究員。
果たして、このゾンビラボから無事に生還できるのだろうか!?


※ゾンビに扮したキャストが出て来る演出、ホラー映画のように驚かす演出、極端にグロテスクな演出はございません。


公式サイト






以下、謎解きの感想等です。
ネタバレには配慮していますが、事前情報なしで参加したいという方はお気をつけください。






個人的評価

※以下の評価は、あくまで私個人の主観的なものです。ご参考程度にお考えください。

難易度 
ストーリー 
演出 
満足度 


参加記録

参加形態

グループ

チーム人数

6/6名

結果

成功

感想

まずはじめに

至る所で触れられていますので、耳にタコが出来たよ!という方もいらっしゃると思いますが、これだけはご報告しておきますね。

タイトルは『ゾンビラボからの生還』ですが…


ホラー要素は一切ありません!

むしろ傑作すぎてこわいくらいです!



というわけで、今回は『ゾンビラボからの生還』が如何に傑作かを力説してまいりたいと思います。

公演の感想

……と言っても、正直なところ、この公演に関しては、極力事前情報なしで参加してみて欲しいんですよね。

"一生に一度しか参加できない"という謎解き公演の性質上、より鮮度の高い真空保存状態で、謎を、体験を、堪能していただきたい。

もちろん、それは全ての謎解き公演に共通する事項ですし、他の公演を蔑ろにしているとか、そういうことでは決してありません

でもね、この『ゾンビラボからの生還』は、間違いなく"極上の謎解き体験"です。

妥協やブレ、理不尽さ、不明瞭さといった、あらゆるノイズを極限まで削ぎ落として純度の高い「謎」でコロしにかかってくる制作者さんとの、ヒリヒリするような真剣勝負なのです。

参加者の多様化やニーズの細分化などに伴い、謎解き公演の多極化が今後ますます進んでいくのではないかと予想される中、タンブルウィードさんの「我々はこれで勝負していくよ!」という自負であり決意表明でもあると感じました。


なんて偉そうに言ってますが、実のところメンバーの閃きに助けられての生還でして、私は見事に死にかけていました……あーこわいこわい

最後に

まだ見ぬ謎と対峙するワクワク感、ジワジワ迫り来る焦燥感、閃きを得た瞬間のカタルシス、鮮やかなまでの納得感……謎解きの醍醐味がこれでもかというくらいに詰まった公演です。

"ハズレなし"のタンブル作品中でも、一二を争う傑作であると断言できますので、参加を迷われている方がもしいらっしゃるなら全力で背中を押させてください!


最後の最後に、piaニストの私としては、piaさんの素晴らしい司会を存分に堪能したことも付け加えさせていだだきます。これ大事です。

【スポンサーリンク】