謎とくメガネ

親子で、ソロで、参加した「謎解き」の感想と記録が中心のブログです。

リアル脱出ゲーム×不思議の国のアリス展『不思議の国からの脱出』の感想

「不思議の国のアリス展」で実施中の"屋内周遊型"リアル脱出ゲーム『不思議の国からの脱出』 を家族と遊んできました。



イベント情報

※以下の情報は、ブログ更新日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がございます。

概要

タイトル

不思議の国からの脱出

制作

SCRAP

タイプ

周遊型

開催場所と期間

【神戸会場】兵庫県立美術館
2019年3月16日(土)~5月26日(日)

【松本会場】松本市美術館
2019年7月13日(土)~9月8日(日)
※月曜日(祝日の場合はその翌日) ただし、8月は無休

【横浜会場】そごう美術館
2019年9月21日(土)~ 11月17日(日)
※会期中無休

【福岡会場】詳細未定
【静岡会場】詳細未定
【名古屋会場】詳細未定
【新潟会場】詳細未定

チーム人数

1人〜

制限時間

なし

所要時間目安

2時間ほど

費用

1,500円(税込)
※ゲームの参加には「不思議の国のアリス展」入場券が別途必要です。

ストーリー

ある日、君は開催中の展覧会を目当てに美術館を訪れる。
美術館の中で、君はカバンにしまおうとした財布を足元に落としてしまう。
君が拾う前にその財布に手を伸ばしたのは、小洒落たチョッキを身に纏うシロウサギだった。
シロウサギはそのままどこかへ走り出してしまう。
慌てて追いかける君の前で、シロウサギは真っ暗な穴へと飛び込んだ。
君が少しためらいつつも穴の中へと飛び込むと、そこは薄暗い書斎だった。
書斎に残された不思議な暗号、閉ざされた金庫、入れないほどの小さなドア。

果たして、君はシロウサギから財布を取り戻し、元の場所に帰ることができるのだろうか?


公式サイト






以下、謎解きの感想等です。
ネタバレには配慮していますが、事前情報なしで参加したいという方はお気をつけください。






個人的評価

※以下の評価は、あくまで私個人の主観的なものです。ご参考程度にお考えください。

難易度 
ボリューム 
移動距離 
ストーリー 
演出・キット 
満足度 

参加記録

参加形態

家族(メインで参加したのは小学生の娘と私)

所要時間

約80分

結果

成功

感想

概要について

『不思議の国からの脱出』は、2019年3月から全国ツアー開催されている『不思議の国のアリス展』と「リアル脱出ゲーム」のSCRAPがコラボした謎解きイベントです。

「周遊型謎解き」と呼ばれる形式で、専用の有料キット(入場料とは別)を購入した後、会場内の展示を鑑賞しながら時間制限のない謎解きを楽しめます。

謎と難易度について

展覧会との親和性が高い謎解きでした。
私たち自身が主人公となり、展示を楽しみながら物語を進めていくことができます。

今回驚いたのは、思った以上に没入感が強く謎解きの存在感があったこと。

謎解き部分に後から取って付けた感じはなく、はじめから展示に組み込まれた構成になっているため、良質な物語体験を楽しむことができました。

難易度としても、ちゃんと大人の方が楽しめるものになっています。

謎解きに慣れている方であれば、タカラッシュ!ブラックレーベルさんの中程度の難易度を想像していただくといいかもしれません。

また、ヒントブックも充実していますので、ご家族で楽しむのにも丁度良い難易度だと思います。

私も小学生の娘と一緒に参加しましたが、子供にも楽しめる工程や仕掛けがあって大いに楽しめました。

所要時間について

展示物をサッと鑑賞しつつ、娘と謎解きをメインに進めて約80分でした。

この手の謎解きに慣れている方の場合、謎解きだけをササッとと済ませれば60分、ゆっくり鑑賞しても120分あれば充分なはずです。

謎解きに慣れていない方の場合、プラス30〜60分程みておくとよいかもしれません。

ただし、私たちが訪れたのは8月の平日で、会場内のベンチに腰掛けて謎を解ける余裕がある日でした。混雑時は勝手が違うと思いますので、特に土日祝日の場合、お時間に余裕を持って予定を組むことをオススメします。

持ち物について

会場でバインダーが貸与されますし、キットにクリアバッグとペグシルも付いてきますので、手ぶらでも問題ありません。

最後に

謎の面白さ、物語性、会場との親和度、キットの質、これらのバランスがとても良く、「周遊型って楽しいなぁ!」と素直に思える内容でした。

SCRAPさん制作ですが、全体としてブラックレーベルさんに通ずるものがあったかもしれません。

あとは混雑時の対応がどうなるか?でしょうか。
一部、できれば腰掛けて考えたい謎もありましたので、混雑時の状況が懸念されます。謎解きに集中し過ぎて座り込んだり動線を塞いだりする方がいらっしゃらなければよいのですが……。

そこさえ問題なければ、広くオススメできる謎解きイベントだと思います。

【スポンサーリンク】