謎とくメガネ

親子で、ソロで、参加した「謎解き」の感想と記録が中心のブログです。

なぞときCUBE『囚われの少女を救え』の感想

ハードナッツ さん制作のなぞときCUBE『囚われの少女を救え』を遊んだ感想です。



イベント情報

※以下の情報は、ブログ更新日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がございます。

概要

公演名

囚われの少女を救え

制作

ハードナッツ

タイプ

なぞときCUBE

開催場所

なぞともカフェ新宿店

チーム人数

1〜4人

制限時間

765秒

所要時間目安

約15分

費用

1,080円/1人

ストーリー

怪しげな部屋へと訪れたあなた。壁には不思議な通信装置が取り付けられている。そして大きなモニタに映るもう一つの密室。そこには一人の少女が囚われていた。
「わたし、閉じ込められています。だれか助けてください!」少女と連絡を取り合い、協力して、二つの部屋に隠された謎を解き明かせ!


公式サイト






以下、謎解きの感想等です。
ネタバレには配慮していますが、事前情報なしで参加したいという方はお気をつけください。






個人的評価

※以下の評価は、あくまで私個人の主観的なものです。ご参考程度にお考えください。

難易度 
ストーリー 
演出 
満足度 


参加記録

参加形態

1人

チーム人数

1/1〜4人

結果

成功

感想

ハードナッツさん制作のなぞときCUBEはこれで2作目です。

前回の『魔法学校卒業試験』では見事に玉砕しましたので、なんとかリベンジしたい!と気合いを入れて挑戦。

結果は……無事成功!

安定感のある面白さでした!
印象としては、"閃きを求められるCUBE"といったところでしょうか。

個人的に得意なタイプでもあり楽しかったです。
アレ系はホント好きで、ずっとやっていられます。

心配していた物量はソロでも対応可能なレベルだと感じました。もちろん、詰まったら厳しいことに変わりないものの、そのヒリヒリした感じを楽しむ余裕はあったかなぁ、と。

上述した通り安定感のある面白さでしたが、その割に満足度が上がり切らなかったのは、ちょっと既視感を感じてしまった部分があったからです。裏を返せば、それでも面白さが担保されたシステムだと言えるんですけれど。

推奨人数は2人。
特に謎解きに慣れている方の場合、3人だと多い気がします。

【スポンサーリンク】