謎とくメガネ

親子で、ソロで、参加した「謎解き」の感想と記録が中心のブログです。

モンキー・D・ルフィ島で謎解き!『黄金のカレーを探せ! in 宴島』に親子で参加!

東京湾に浮かぶ無人島「モンキー・D・ルフィ島(猿島)」で開催中の『黄金のカレーを探せ! in 宴島』に親子で参加してまいりました。



イベント情報

※以下の情報は、ブログ更新日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がございます。

概要

タイトル

ONE PIECE×無人島ひらめき食材探索ゲーム
『黄金のカレーを探せ! in 宴島』

制作

NAZO×NAZO劇団

タイプ

周遊型

開催期間

2019年9月1日(日)〜10月20日(日)
[期間内の土日祝]

開催場所

横須賀市 猿島(モンキー・D・ルフィ島)

チーム人数

1人〜

制限時間

なし

所要時間目安

1〜2時間

受付時間

11:30~16:00(最終受付時間15:00)

費用

1キット 1,500円(税込)
※2019年10月1日より消費税が10%
※別途猿島への往復乗船料と猿島入園料(大人:1,500円)が必要

イベント特徴

「宴島」完全オリジナルストーリー!
本物の無人島を舞台に、麦わらの一味と共に黄金のカレーの食材を探す冒険に出発! 無人島内を巡る体験型イベント!!

ゲームキットには宴島限定の書き下ろしイラストを使用!
さらにクリア特典としてONE PIECE×宴島イベント限定デザインのクリアファイルがもらえます! 無人島という非日常のなかでONE PIECEの世界に入り込む体験型イベントです!


ストーリー

この島には黄金のカレーが眠るという。
それは極めて美味であり、
またいくら食べても尽きることはないという。

そのレシピを手に入れたあなたは、
食材を探しに旅立つことにした。

時を同じくして、麦わらの一味もレシピを手に入れていた。


公式サイト






以下、謎解きの感想等です。
ネタバレには配慮していますが、事前情報なしで参加したいという方はお気をつけください。






個人的評価

※以下の評価は、あくまで私個人の主観的なものです。ご参考程度にお考えください。

難易度 
ボリューム 
移動距離 
ストーリー 
演出・キット 
満足度 


参加記録

参加形態

小学校高学年の息子と2人

所要時間

約85分

結果

成功

感想など

「宴島2019 真夏のモンキー・D・ルフィ島」について

「宴島2019」は、神奈川県横須賀市を舞台に、アニメ『ワンピース』20周年、「カレーの街よこすか」20周年、京急120周年を記念して開催されているコラボ企画。

105日間の期間限定で、東京湾に浮かぶ島「猿島」の名称を「モンキー・D・ルフィ島」に変えてしまうという、なんとも夢のあるイベントです!

詳しくは、以下をご覧ください。

宴島について

2019年夏──
東京湾のド真ん中に浮かぶリアル無人島に〝麦わらの一味〟がやってきた!

ルフィたちのなわばりになったこの島の名は── モンキー・D・ルフィ島!

この島で、105日間にわたる真夏の「宴」が始まるぞ!

島に向かう船ではスペシャル船内放送を聞ける!
島のあちこちで仲間たちがみんなを迎えてくれる!
〝麦わらの一味〟とのコラボメニューをたっぷり味わえる!
スマホアプリを使って感動の場面を写真に撮れる!
そしてもちろん、この島だけでしか買えないコラボグッズも!

──ルフィの仲間たちと楽しむアツいアツい激レア体験。

さあみんな、宴の始まりだー!

[公式サイトより引用]


「宴島2019 真夏のモンキー・D・ルフィ島」公式サイト



「モンキー・D・ルフィ島」への行き方

最寄駅は京急「横須賀中央」駅。

そこから歩くこと15分、三笠桟橋の猿島航路発券所で「フェリー往復乗船券(猿島入園料込み)」を購入します。コラボ仕様のチケットも嬉しい!



「宴島」開催期間中の出航時刻は、8:30〜16:30の毎時30分。10分程前に乗船開始の案内が行われます。



フェリーに乗り込むと、船内もアナウンスもワンピース仕様!ルフィの「野郎ども、出航だ!」の掛け声にテンションも上がります!



三笠からは10分程、



あっという間に「モンキー・D・ルフィ島」上陸です!



*詳細なアクセス方法ついては、以下のサイトをご参照ください。


謎解きについて

文字通り、島を「周遊」するオーソドックスなスタイルの周遊型謎解きです。

モンキー・D・ルフィ島、もとい猿島へ初訪問だったこともあり、島内観光も兼ねた謎解きとして楽しめました!

難易度としては、主にファミリー層をターゲットにしていそうですが、後半は少し頭を捻らせる必要があるかもしれません。と言うか、後半で唐突に難易度が上がったので少しビックリしました。

ただ、良くも悪くもオーソドックスな周遊謎。観光しながら楽しむには良かったものの、「期待していたよりワンピース感は薄かったなぁ」というのが正直なところです。

ん〜いや、なくはなかったんです。ストーリーもちゃんとありましたしね。でも、思っちゃったんですよ。「あれ?これ、ワンピースじゃなくてもよくね?」って……。


……と言うのは、謎解きに求め過ぎる汚れた大人の目線(汗

今回ほぼ一人で解いていた息子は大いに楽しめたようで、帰り道に「謎解き楽しかったね!」「猿島また来ようね!」と喜んでくれていました。詰まる所、父としてはそれだけで満足だったりします。

所要時間について

島内観光も兼ねて回った結果、約85分でした。

元より一周60分程と言われている島ですので、やはり1〜2時間が目安になるでしょうか(メタらない前提)。

フェリーの到着時間が毎時40分、出航時間が毎時45分ですので、予定を組む際は、島での滞在時間を2〜3時間見ておくといいかもしれません。

持ち物、服装について

謎解きをするに当たって、特別必要な持ち物はありません。

ペグシルが付いてきますし、クリップボードもあれば便利かな?くらいで必要性は感じませんでした。

服装については、アップダウンの激しい道、急な階段などもありますので、歩きやすい格好が推奨、いや必須だと思います。



クリア賞

クリア賞は「クリアカード」と「イベント限定デザインのクリアファイル」です。1キットにつき1セット貰えるようです。



麦わらの一味フォト

最後に。
謎解きには関係ありませんが、若干引き気味の息子を横目に、島内に展示された等身大フィギュアを激写(?)してきましたので載せておきたいと思います。

▼"船長"!



▼"1人目"!



▼"2人目"!



▼"3人目"!



▼"4人目"!



▼"5人目(仮)"!



▼"6人目(仮)"!



▼"8人目"!



▼"1番船船長"!



▼"2番船船長"!








!!!!!

皆様、お気づきになられましたでしょうか?


………私も今、気付きましたよ。


7人目いなくね、って。


調べたところによると、フランキーだけ三笠にいたみたいですね。やっちまったぁぁぁ……

【スポンサーリンク】