謎とくメガネ

親子で、ソロで、参加した「謎解き」の感想と記録が中心のブログです。

「ミステリーカフェ 謎屋珈琲店 文京根津店」さんを再訪してきました

東京都文京区根津にある「ミステリーカフェ 謎屋珈琲店 文京根津店」さんを再訪してきました。



店舗情報

※以下の情報は、ブログ更新日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がございます。

店舗名

ミステリーカフェ 謎屋珈琲店 文京根津店

場所

東京都文京区根津1丁目27-1 第二高野ビル1階
【最寄駅】千駄木駅、根津駅、東大前駅

メニュー

以下のページをご参照ください

公式サイト





以下、謎解きの感想等です。
ネタバレには配慮していますが、事前情報なしで参加したいという方はお気をつけください。





今回オーダーしたメニュー

今回は奥さんと2人での訪問し、次のメニューをオーダーしました。

「リドルカフェ」

FILE.4『とある古代文明のとある秘宝』 1,500円 + アイスティー 630円

「お客様への挑戦クイズ付きメニュー」

黒猫の三角 990円 + アイスティー 630円

「リドルカフェ」は、システム上「1,500円×人数」ご必要とされていますが、「奥さんが謎解き好きではなく私一人で遊ぶ」ことを伝えたところ、「奥さんは謎解きに一切口を出さない」という条件のもと一人分の料金でのプレイを認めていただきました。

謎解きの感想

実は今回、10月からのリドルカフェ新作を目当てにしていたものの、そちらは10月7日からスタートとのこと。

遊べるラインナップの内、一番歯ごたえがありそうな FILE.4『とある古代文明のとある秘宝』を遊ぶことにしました。

タイトルからして予感していた通り、個人的に好きなタイプの謎。おそらく謎解き好きな方を意識していながら変な意地悪さは感じない、程よい導線の濃さでした。

ボリュームも充分で、前回遊んだ FILE.3 とは封筒の厚さからして大違い。中身を取り出した瞬間に思わず「多っ!」と呟いてしまうほどの物量でした。

所要時間としては60分ほど。
勘違い、と言うか、自分の確認不足があって少々手間取ってしまいましたが、この手の謎としては比較的素直な内容だったと思います。



ちなみに、現在、リドルカフェをクリアすると「攻略証明書」が交付されることになったなったそうで、前回来店時に配布されていなかった FILE.3 の分も併せていただくことができました。

次こそは是非、店員さん曰く「もっと歯ごたえががある」という新作に挑戦してみたいですね!

【スポンサーリンク】