謎とくメガネ

親子で、ソロで、参加した「謎解き」の感想と記録が中心のブログです。

千葉房総を巡るナゾトキ宝探し!『時をかける列車』【第3章】の感想

タカラッシュ!さんがJRとタイアップした謎解きイベント『千葉房総を巡る ナゾトキ宝探し 時をかける列車』に親子で参加してまいりました。

前回の第1章・第2章に続いて、今回は第3章の感想です。



イベント公式サイトはこちら↓






以下、謎解きの感想等です。
ネタバレには配慮していますが、事前情報なしで参加したいという方はお気をつけください。






第1章・第2章の感想

第3章の前日に参加した第1章・第2章の感想です。イベント情報、参加記録などはこちらに記しています。


第3章参加にあたっての留意点

第3章に参加されるにあたって、事前にご留意いただいた方が良いと思われる点をピックアップしておきます。

  • 第1章・第2章の続きで、完結編に当たる
  • 想定所要時間8時間の長丁場
  • 「サンキュー♥ちばフリーパス・フリー乗車券」必須(※1)
  • 9:00~10:30の間にJR成田駅でスタート推奨(※2)
  • インターネット接続が可能なスマートフォン等必須


※1・・・第3章の謎解きキットは、「サンキュー♥ちばフリーパス・フリー乗車券」を購入し、NewDays成田店で提示することで入手可能(先着3,000名) なため

▼ 「サンキュー♥ちばフリーパス・フリー乗車券」の詳細

※2・・・エリア内の列車の本数が限られているため

時間管理について

前夜のうちに第3章のキットを入手し、成田駅近くのホテルで2日目の朝を迎えた私たち。

事前に開示されていた情報(捜索エリア、想定所要時間、推奨スタート時間など)から時間管理がシビアであると想定し、捜索可能時間の9時よりも少し早め、朝8時30分にホテルをチェックアウトすることにしました。

結果的にこの判断が、その後の余裕ある進行に繋がったように思いますので、効率的な進行を希望される方は8時30分頃に成田駅をスタートする予定を組んでもいいかもしれません。

全体的に見ても、列車の運行本数が少なく時間管理がシビアですので、計画的に参加されることをオススメします。

特に、公式で強く推奨されているスタート時間(9:00〜10:30)には、強く推奨されているだけの理由があります。

あまり遅い時間のスタートですと、どんなに謎解きに慣れていても1日では終わらない可能性があることにご留意ください(メタ解きをすれば話は別かもしれませんが…)。

所要時間について

成田駅を出発してから最終回答にたどり着くまでに私たちが要した時間は、一部メタ解きで時短して約6時間30分でした。

子供のペースに合わせた部分はあったものの、上述した通り時間管理は上手くいっていたと思いますので、想定所要時間の8時間は伊達じゃないなぁ、と。

なお、ご参考までに、クリア後にゴール地点から東京まで戻るのにもかなり時間を要したことを記しておきます。

謎解きについて

第1章・第2章とは印象が変わり、物語要素がグッと増しています。ある意味では、ブラックレーベルさん寄りの内容と言えるかもしれません。

難易度はそれ程高くないものの解き明かす過程を楽しめる謎が多く、初めて訪れる場所での街歩きも思いの外楽しいものになりました。

移動距離や所要時間の長さ、時間管理のシビアさがあって、参加へのハードルは決して低くないかもしれませんが、個人的には好きなイベントです。

なお、私たちが受け取ったキットには、一部誤植がありました。現在は公式サイトで訂正されていますので、今後参加される方におかれましては、まず誤植についてご確認いただいた方がよさそうです(私はその箇所をメタって力技で突破しました・汗)。

最後に

タカラッシュ!さん、ブラックレーベルさんはこの手の謎解きイベントを作らせたら上手いですね。

親子3人、大変良き思い出になりました。

【スポンサーリンク】