謎とくメガネ

親子で、ソロで、参加した「謎解き」の感想と記録が中心のブログです。

出張シングルズin東京『シングルズからの脱出31~クロスワードパズルキングダムからの脱出2~』の感想

池上マスターによる 出張シングルズin東京『シングルズからの脱出31~クロスワードパズルキングダムからの脱出2~』に参加してまいりました。


※画像は公式サイトからお借りしています

イベント情報

※以下の情報は、ブログ更新日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がございます。

概要

公演名

シングルズからの脱出31~クロスワードパズルキングダムからの脱出2〜

制作

池上マスター

タイプ

ホール型(?)

開催期間

2019年10月12日(土)〜14日(月)【東京再演】

開催場所

新都心ビル102号室

チーム人数

18人

制限時間

なし

所要時間目安

80〜120分くらい

費用

1,500円

ストーリー

 クロスワードパズルが大好きな王国から、魔王が「クロス(十字架)」と「ワード(言葉)」と「パズル(謎)」を奪い去った結果、王国は大混乱。
 何とかしてあげて!


公式サイト






以下、謎解きの感想等です。
ネタバレには配慮していますが、事前情報なしで参加したいという方はお気をつけください。






個人的評価

※以下の評価は、あくまで私個人の主観的なものです。ご参考程度にお考えください。

難易度 
演出 
満足度 


参加記録

参加形態

1人

結果

成功

感想など

「出張シングルズ in 東京」について

「出張シングルズ in 東京」は、大阪の「シングルズ」という日替わりマスター制度のバーで池上マスターが行なっている謎解きイベント「シングルズからの脱出」シリーズの東京出張公演です。

なんて分かったようなことを書いていますが、私自身はじめての参加で、右も左も分からない状態。

というわけで、公演形式については公式の説明を引用させていただきます。

【シングルズのまったり進行】
 一公演の定員は18人。この18人はひとつのチームであり、全員の知恵と力を合わせて謎を解いてもらうことを基本とします。
 しかしながらテーブルは六つ用意され、それぞれに別れて席につき、各テーブルに謎がワンセットずつ配布されるので、各ステージの序盤においてはテーブルごとの謎解きとなります。
 当然それぞれの解くスピードに差異が生じることになるので、先に解けたテーブルの方は、他のテーブルが追いつくのを待っていただくことになります。  全テーブルが謎が解けたことを確認して、一斉に次のステージへと進み、同じステージの謎をそれぞれのテーブルで解いていきます。
 このように進行するので、謎解きは恐ろしくまったり進みます。制限時間は原則なくて、最後の謎に行き着いてそれが解けるまでお付き合いします。
 そのため毎回の公演時間は変動します。大体80~120分くらい。場合によれば、次の公演開始時間ギリギリまでやることがあるので、その旨ご了承の上ご参加ください。次の予定があって早めに出る必要がある時は、開始前に申告してくれたら、巻きで進行します。
 また、テーブル内で必ず解き切らなければならないという縛りはなく、不得手な謎だと判断したら、先に解いたテーブルの人にヒントを求めたり、答を丸写しさせてもらっても問題ありません。なぜならその場の18人はひとつのチームだからです。


公演の感想

以前からお名前とその評判を耳にしており、いつか参加したいと思っていた「シングルズからの脱出」。この度念願叶って初参加の運びとなったわけですが……

いやぁもう楽しかった、好きです。

公式説明にもある様に「まったりとした」雰囲気の中、池上マスターの軽妙なトークと共に進行していく公演。とにかくマスターの観客掌握術が素晴らしく、会場は得も言われぬ一体感に包まれていました。

そんな中で挑む謎……これが神懸かっていました…!

ステージを進める毎に、
「うわっ、えっ、マジ?」「なんでなんで!?」
と驚きにも悲鳴にも似た声が上がり、
「クロスワードパズル」があれほど感動できるコンテンツなんだということに只々衝撃を覚えました。

ヒリヒリするような緊張感溢れる公演も好きですが、和やかな雰囲気の中で上質な謎に埋もれ続けられるのは控えめに言って最高です。『シングルズからの脱出』が唯一無二と言われる意味が分かった気がします。

これが30作以上あるって、完全におかしい(褒め言葉です)ですよね。これからは月1ペースで東京に出張してくださるようですので、出来る限り参加させていただきたいと思います。

【スポンサーリンク】