謎とくメガネ

親子で、ソロで、参加した「謎解き」の感想と記録が中心のブログです。

「Re:ゼロから始める異世界生活」謎解きゲーム『迷いの街の摩訶不思議』の感想

池袋で開催中の『Re:ゼロから始める異世界生活』劇場版公開を記念した謎解きイベント『迷いの街の摩訶不思議』に参加してまいりました。



イベント情報

※以下の情報は、ブログ更新日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がございます。

概要

タイトル

Re:ゼロから始める異世界生活 謎解きゲーム
迷いの街の摩訶不思議

制作

ナゾメイト

タイプ

周遊型

開催期間

2019年10月19日(土)~12月15日(日)

開催場所

東京都 池袋駅周辺

キット販売場所

セガ池袋GiGO 7F

キット販売時間

10:00~21:00

※プレイ可能時間は各協力施設の営業時間に準じる
※18歳未満は法令に基づき、時間により入店をお断りする場合があります。
※最終解答報告は21:00まで。

チーム人数

1人〜

制限時間

なし

費用

【通常キット】1,500円(税込)
【特別キット】アクリルスタンド付き3,500円(税込)

ストーリー

ある日、池袋のゲームセンターに遊びに来たあなた。

しかし、しばらく経ってふと違和感に気づく。
普段の池袋と何も変わっていないはずなのに、何かが違う。まるで、池袋によく似た別のところに来てしまったかのような…。

「あの…どうしたの?困っているようだけど…」

そこに、銀髪の少女が現れた。
少女は名前をエミリアと名乗り、エミリアの肩に乗った猫は自らの言葉でパックと名乗った。
どうやらエミリアたちはこの「イケブクロ」に迷い込んでしまった、自分とは異なる世界の住人らしい。
同じく迷い込んだエミリアたちの仲間を探し、全員で協力しながら、「イケブクロ」からの脱出を目指せ!


公式サイト






以下、謎解きの感想等です。
ネタバレには配慮していますが、事前情報なしで参加したいという方はお気をつけください。






個人的評価

※以下の評価は、あくまで私個人の主観的なものです。ご参考程度にお考えください。

難易度 
ボリューム 
移動距離 
ストーリー 
演出・キット 
満足度 


参加記録

参加形態

1人

所要時間

約60分

結果

成功

感想など

参加にあたって

原作の『Re:ゼロから始める異世界生活』は、アニメーション未視聴ながら、あそびファクトリーさんの謎ファイルで馴染みがある(?)作品です。

その日は所用で池袋を訪れ、「今日がチャンス!」とばかりにセガ池袋GiGOへ。

公式サイトに所要時間の記載がなかったため、キット購入時に店員さんに伺ったところ、「3時間くらい掛かるそうです」とのこと。

う〜ん、意外と長い……。

その時点で次の予定まで1時間強しかなかったため少し躊躇しましたが、間に合わなければ次の機会(あるかわからないけれど)に回せばいいか、と参加することにしました。

謎解きについて

そんなに目新しいというわけではないかもしれませんし、モヤっとポイントもなくはないものの、どこか公演型に通じるものを感じるような、面白い作りだったと思います。個人的に好きなタイプでした。

難易度としても、高すぎず低すぎず、街歩き系の謎解きとしては程良かったのではないかと。

所要時間に関しては、あるステップまで進んだところで「確かにこれは1時間で終わりそうにないかもな」と察し、メタれる部分はメタって(メタろうとした結果のタイムロスもありましたが…)の約60分。

移動距離がそれなりにありましたし、ちょっと導線薄めかなぁ、と感じる箇所もありましたので、慣れていないと時間を要するのかもしれません。

最後に

総じて、好印象でした。
あくまでも個人的な見解ですが、これくらいの難易度、ボリュームの周遊型謎解きが増えてくれることは大歓迎です!



【スポンサーリンク】