謎とくメガネ

親子で、ソロで、参加した「謎解き」の感想と記録が中心のブログです。

類を見ない傑作!AnotherVision -unlimited-『Revolver』の感想

AnotherVisionさんの高難易度レーベル「AnotherVision -unlimited-」名義の最新作『Revolver』に参加してまいりました。



イベント情報

※以下の情報は、ブログ更新日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がございます。

概要

公演名

Revolver

制作

AnotherVision -unlimited-

タイプ

ホール型

開催期間・会場

2019年11月2日(土)〜4日(月)
ビジョンセンター浜松町
2019年12月14日(土)・15日(日) ワイム貸会議室 荻窪

チーム人数

5人

制限時間

80分

所要時間目安

150分

費用

3,500円

予告動画


チケット販売サイト(12月分)






以下、謎解きの感想等です。
ネタバレには配慮していますが、事前情報なしで参加したいという方はお気をつけください。






個人的評価

※以下の評価は、あくまで私個人の主観的なものです。ご参考程度にお考えください。

難易度 
ストーリー 
演出 
満足度 


参加記録

参加形態

グループ

チーム人数

5/5人

結果

失敗

感想など

「AnotherVision -unlimited-」について

「AnotherVision -unlimited-」は、東京大学謎解き制作集団AnotherVisionさんの中でも、謎解き熟練者向けの高難易度公演を制作しているレーベルです。

公演について

今年最高……いや、史上最高まであるかもしれません。何より謎解きへの愛や情熱を強く感じる公演で、終始、興奮に打ち震えていました。

謎、プロット、システム、演出といった公演内容はもちろん、運営も相変わらず素晴らしく、「非の打ち所がない」とは、このためにある言葉だったのかと。

また、高難易度と謳われるだけあり、謎のボリュームに加えて、閃きや論理的思考、情報整理など、求められるタスクの多さも尋常ではなく、終演後の疲労感は、ひと公演を終えたときのそれとは思えないほど大きなものでした。

それでも、それを遥かに上回る高揚感と充足感、それから敗北感…!

これまでも、失敗して悔しくなかったことなんてありませんが、「これは成功したかった……!」と、ここまで強く思えた公演は初めてかもしれません。

総じて、私が謎解きに求めている要素を(おそらく潜在的なものも含めて)網羅しつつ、さらにそれを超えてくるような、まさに「類を見ない傑作」でした。

最後に

これからも数多くの謎解きに参加するでしょう。お気に入りの公演も増えていくことでしょう。

それでも、この『Revolver』は、間違いなく5本の指に入り続ける公演だと、そんな予感がしています。

謎解きが好きで、謎解きに魅入られて、あまつさえ謎解きのブログなど書いているわけですが、「謎解きを好きでよかったなぁ」と今、心から思います。

【スポンサーリンク】