謎とくメガネ

親子で、ソロで、参加した「謎解き」の感想と記録が中心のブログです。

ウェブ上を駆け巡って卒業を目指す!『School_Enigma 3学期』の感想

ウェブやSNS上で遊べる謎解き企画『School_Enigma 3学期』の感想です。



イベント情報

※以下の情報は、ブログ更新日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がございます。

概要

タイトル

School_Enigma 3学期

タイプ

WEB型

開催期間

2019年11月1日(金)〜30日(土)

チーム人数

1人〜

費用

無料、カンパ制





以下、謎解きの感想等です。
ネタバレには配慮していますが、事前情報なしで参加したいという方はお気をつけください。






参加記録

参加形態

1人

所要時間

4日間

結果

卒業

『School_Enigma』とは

今年4月に開催された『April Code』の流れを組んだ、ウェブやSNS上で展開される自由参加型の謎解き企画。参加者は、複数のステージをクリアして卒業(完全クリア)を目指します。

同シリーズは今回が3作目で、「アラン校長」さんと「テスプレ」さんのお二人だけで制作・運営されているようです。

↓以下のツイート↓に詳しい説明や諸注意などが明記されていますので、これから始められる方は、まずこちらをご覧ください。



『School_Enigma 3学期』のはじめ方

↓以下のツイート↓がスタート地点です。まずは、「はじまりの謎」を解き明かしましょう。



感想

実のところ、同シリーズを遊ぶのはこれが初めてではありません。

第1弾、第2弾も遊ばせてもらっていまして、でもちょっと"not for me"な企画なのかなぁ、という印象がありました、ごめんなさい。


でもですね、今回、第3弾を遊んだ感想としましては、もう素直に面白かったです!

謎の独自性、導線の薄さ、物量の多さなど、そのスタイルというか、癖や味は顕在ながら、前弾に比べて遊びやすくなっている(簡単とは違いますが)ように感じました。

何より、時間を掛けて一筋縄ではいかないステージを攻略していくあの感覚は、さながらRPGのようで他じゃなかなか味わえないものですし、何度も躓いた末に扉を開けられた瞬間の達成感には強い中毒性があります。

最後は夜更けにも関わらず止まらなくなって、おまけ謎までしっかりと楽しませてもらいました。



いや〜、それにしても、個人の方がこのボリュームの謎を仕掛けるのって相当な時間と労力を要する作業ですよね。自分には到底真似できないこと(そもそも謎作れません)ですから、只々感嘆します。

総じて、苦しくも楽しい時間でした。次弾も楽しみに待たせていただきます!

【スポンサーリンク】