謎とくメガネ

親子で、ソロで、参加した「謎解き」の感想と記録が中心のブログです。

アラフォー夫婦で「NoEscape」初体験!『古代遺跡からの脱出』&『絶望空間からの脱出』の感想

アラフォー夫婦で「NoEscape新宿店」さんを初体験!『古代遺跡からの脱出』と『絶望空間からの脱出』の2タイトルを遊んでまいりました。



イベント情報

※以下の情報は、ブログ更新日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がございます。

概要

遊んだタイトル

古代遺跡からの脱出(Normalモード)
絶望空間からの脱出(Normalモード)

施設名

NoEscape(ノーエスケープ)新宿店

タイプ

リアル体験型脱出ゲーム

チーム人数

2〜7人

制限時間

50分

費用

券種 料金
一般 2,500円
学生 2,000円
10分延長(希望者のみ) 300円


公式サイト






以下、謎解きの感想等です。
ネタバレには配慮していますが、事前情報なしで参加したいという方はお気をつけください。






参加記録

参加形態

夫婦

チーム人数

2/2〜7人

結果

古代遺跡からの脱出(Normalモード) おまけで成功
絶望空間からの脱出(Normalモード) 成功

感想など

「リアル体験型脱出ゲーム」とは

よくゲームにある一場面
「突然部屋に閉じ込められてしまい、どうにかして密室からの脱出を試みる」
その一場面を電子ギミックを駆使し現実世界に完全再現したのがリアル体験脱出ゲームです
ある物語の中であなたは突然部屋に閉じ込められてしまいます
部屋には開かずの扉や様々な道具、暗号が…
あなたは制限時間内に脱出することができるでしょうか…?

【公式サイトより引用】  


「〇〇を△△しろ」といった指示文はほぼ存在せず、暗号や記号を読み解いたり特定の場所にアイテムを配置するなどして謎を解き明かしていく「上海型」と呼ばれる謎解きです。

「NoEscape」の特徴

①各部屋完全貸切制
当店は全5テーマ・最大33人が同時に遊べる脱出ゲーム施設となっており
2-7人グループでのテーマごとの完全貸切制となっております。
気の合う仲間・恋人同士だけで思いのままゲームを楽しむことができます!
デート・打ち上げ・社員研修にもおすすめ!

②難易度選択制
当店では脱出ゲームの難易度を
初心者向けのNormalモード(脱出率50%)
上級者向けのNoEscapeモード(脱出率10%)から当日現地で選択できます!
リアル体験脱出ゲーム初めての方でも上級者の方でも楽しめる事間違いなし!

③各種センサーを駆使した電子ギミック
当店では最新技術を駆使した各種センサーを使用することにより、
例えば特定の場所にあるものを置くと閉まっていた筈の扉が開いたり
特定のものに触ると閉まっていた筈の扉が開いたりと 本物の脱出ゲームの中にいるかのような非現実体験ができます。
たまには現実社会を忘れてみませんか?

④安心低価格な料金・親切なヒント
当店の料金は50分2,500円と低価格で、ヒントは2回も使えます! ヒントは進捗度に応じ多めに出すようにしています。 また、延長を強要することは一切ありませんのでご安心ください!

【公式サイトより引用】


2〜7人で貸し切ることができ、難易度選択もできるため、謎解き経験のない/少ない方でも遊びやすいのではないかと思います。

注意点としては、事前にネット予約が必要だということでしょうか。特に土日祝日は、早い段階で枠が埋まってしまうことも多いそうです。

参加にあたって

「NoEscape」さんは、以前からお邪魔したかった施設です。

しかし、そこには「2人以上でないと利用できない」という壁があったのです。そう、普段あまり自分からお声掛けしない(できない)万年チキン野郎な私にとって、高く大きい壁が……。

唯一気軽に誘える奥さんは、謎解きにほとんど興味がなく、誘うなんて論外


……と思っていました、ず〜っと。

ところが先日、何気なく話を切り出してみると、あっさりOKの返事が!

「えっ、いいの!!??」

「私は謎解きできないよ?」

「うん、それでもいいよ!!!」

というわけで、念願の「NoEscape」さん初体験!アラフォー夫婦でお邪魔することになりました。やったぁ!!

せっかくの機会だから、ということで、『古代遺跡からの脱出』 と『絶望空間からの脱出』の2タイトルを予約しました。

難易度選択について

今回訪れたのは「NoEscape 新宿店」さん。代々木駅から徒歩7分の雑居ビル内にある店舗です。

難易度選択(変更)は当日でも可能なため、1つめ『古代遺跡からの脱出』への参加前、「NoEscapeモード」(脱出率10〜20%)の目安についてスタッフさんに確認してみたところ、「謎解きに慣れている方が複数人いること」とのこと。

「難しいのやってみたい……」という好奇心にも駆られましたが、隣の奥さんは付き添いモードで、ほぼソロ凸感が否めない状況です。自分の脳力を考慮して、「Normalモード」(脱出率50%)を選択することにしました。

……まぁ、結果的に、これが賢明な判断でした(汗

『古代遺跡からの脱出』の感想

通された瞬間、「うほっ」と思わずゴリラ化してしまうくらい、雰囲気のある内装やアイテムにワクワクしちゃう「古代遺跡感」満載の空間でした。

ぶっちゃけますと、そんな浮かれたムードも手伝ってか、「50分もあるしNormalモードならノーヒントで何とかなるっしょ♪」なんて、最初は余裕をかましていたんです。

でもですね…

ふんふん、これがこうだから、こうでしょ。

よしっ、じゃあ次はこうでこうだから………

……って、え、あれ?違う?

んんんっ!?

わ……わからん……


てな感じで、かなり序盤でヒント発動。。。

その後は、閃いて、詰まって、閃いて、終盤に大きく詰まってヒントを貰ったりして、2人でワーキャー言いながら進めたものの、間に合わず敢えなく失敗……


かと思いきや、おまけで成功にしてもらえました(汗

なんでしょう、全体的に、普段の謎解きとは違った思考が必要な、慣れやコツよりも頭の柔らかさを求められる類のゲームで、ガチのリアル脱出があるならこんな感じなんだろうなぁ、と。そして、自分はきっと生還できないんだろうなぁ、と……。


【終了後の夫婦の会話】

夫「でも、実質失敗だよね……」

妻「スタッフさんが成功って言うんなら、いんじゃない?」

夫「制限時間内にチェックポイントに並んでいればOKみたいな!?」

妻「………ナニソレ?」

夫「デスヨネェ……」

『絶望空間からの脱出』の感想

『古代遺跡からの脱出』に続いて参加したのがこちら、『絶望空間からの脱出』です。

選択したモードは、もちろん「Normalモード」。はい、身の程は承知しております(懲りずに「NoEscapeモード」にチャレンジしようとして奥さんにたしなめられたのはココだけの話)。

そんなこんなで、「絶望空間ってどんな空間なの!?」とドキをムネムネさせながら入室したのですが、なるほど……確かに「絶望空間」でした…!

のっけから突き放し感が半端ない!

でも……嫌いじゃない……!!

1度ヒントを貰ったものの、それ以外では順調に閃きを得て、こちらの方が苦手意識なく余裕を持って進めることができたと思います。

相性って大事ですね。

最後に

決して得意ではありませんし、自分自身の頭の硬さにも絶望しましたが、リアルな「密室からの脱出体験」が得られる面白いゲームでした。

今回遊んだ2タイトルに毛色の違いがあって、続けて遊んでも飽きることなく楽しめたことも良かったです。

何より、最初は付き添いモードだった奥さんが、途中から積極的に動いてくれるようになったりして、なんだかんだで楽しんでくれていたのが嬉しかったですね。


ちなみに、どちらも終了後に「NoEscapeモード」との違いを聞いてみたのですが、確かにそこがそうなると厳しいよなぁ、という上手い難易度の上げ方でした。

謎解きに慣れている方が複数人いれば「NoEscapeモード」、そうでなければ「Normalモード」という目安は、ほぼほぼ間違っていないと思います。


兎にも角にも、アラフォー夫婦の「NoEscape」初体験は満足のうちに幕を閉じました。

次回はいつになるんでしょうか。首を長くして待て、ですかね。

【スポンサーリンク】