謎とくメガネ

親子で、ソロで、参加した「謎解き」の感想と記録が中心のブログです。

うっかりさんを助けて天国を目指そう!『うっかりさんと6人の幽霊』の感想

カピートさんのホーム型公演『うっかりさんと6人の幽霊』に参加してまいりました。



イベント情報

※以下の情報は、ブログ更新日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がございます。

概要

公演名

うっかりさんと6人の幽霊

制作

カピート

タイプ

ルーム型

開催期間

2019年11月16日(土)・30日(土)

開催場所

JR三河島駅近く
※会場は一般住宅のため、駅からスタッフさんに案内されます

チーム人数

6人

制限時間

60分

所要時間目安

85分

費用

前売券 当日券
3,000円 3,500円


ストーリー

あなた達は死んでしまいました。
そして、天国へ行くのか地獄へ行くのか、
それを決める刻が迫っています。

しかしあなた達はこのままだと地獄行きです。
そんなあなた達に神から試練として
とある男を手助けして徳を積むよう言われます。

とある男はとても
「うっかりさん」のようで
大変困っているようです。

あなたは「幽霊」となって、
「うっかりさん」の彼を助けて
天国行きを目指しましょう!


チケット販売サイト


※ブログ更新日現在の直近公演分




以下、謎解きの感想等です。
ネタバレには配慮していますが、事前情報なしで参加したいという方はお気をつけください。






個人的評価

※以下の評価は、あくまで私個人の主観的なものです。ご参考程度にお考えください。

難易度 
ストーリー 
演出 
満足度 


参加記録

参加形態

グループ

チーム人数

6/6名

結果

成功

感想など

まさに「ホーム型」公演!

今作は旗揚げ公演『藤原さん家からの脱出』(台風で流れたため再演希望・泣)と同じく、都内某所の一軒家を舞台にしたルーム型公演で、「ホーム型」とも呼ばれている、なんて情報を耳にしていたのですが、

「いや、マジそれな!」

ですよ。

おそらく日本一生活感溢れる謎解き公演。
あれは某大手S社でも真似できないんじゃないでしょうか。

よく考えてみると、「知らない誰かのプライベート空間に上がり込む」というシチュエーションは、たとえば、古代遺跡での探検や牢獄からの脱獄なんかより、よっぽどリアルな「非日常体験」です。

でもですよ、そんな非日常感が、スタッフさんのにこやかな雰囲気とアットホームなおもてなしで中和されて、何とも言えぬ居心地の良さに変わっているんです。

「ホーム型公演」は言い得て妙ですね!

公演の感想

穏やかで優しい世界。
解きごたえのある謎たち。
絶妙に不自由でストレスフリーなゲームシステム。
そして、想像以上にうっかりさんだったうっかりさん。

ワチャワチャ遊べて謎も良いこのコンボ、控えめに言って楽し過ぎでした。謎で締めるところを締めるのって大事だよなぁ、と。

個人的にツボったポイントも多くて、このパッションを誰かと共有したい。アレとかアレとかアレとか!

『藤原さん家からの脱出』の再演も切望していますよ〜!

【スポンサーリンク】