謎とくメガネ

親子で、ソロで、参加した「謎解き」の感想と記録が中心のブログです。

『第6回謎解き能力検定』を受験しました

5月22日(金)〜24日(日)の3日間実施された、『第6回謎解き能力検定』、通称『謎検』を受験しました。



概要

  • 実施団体
    株式会社SCRAP
  • 実施期間
    2020年5月22日(金)10:00~24日(日)16:59
  • 受験時間
    60分
  • 受験形式
    コンピュータ画面に表示される問題に解答する方式 解答方式:記述式、選択式(単一解答/複数選択解答)
  • 問題内容
    ひらめき力・注意力・分析力・推理力・持久力を測る問題
  • クラス判定基準
    ・1級…100点
    ・準1級…90~99点
    ・2級…80~89点
    ・準2級…70~79点
    ・3級…60~69点
    ・4級…50~59点
    ・5級…40~49点
    ・6級…30~39点
    ・7級…20~29点
    ・8級…0~19点

  • 受験料

    種類 早割 前売 直前/当日
    受験のみ 3,000円 3,500円 4,000円
    参考書付き 4,500円 5,000円 -


    受験環境

  • 場所
    自宅
  • 媒体
    スマートフォン

  • 結果



    雑感

    受験された皆様、お疲れ様でございました。

    いやぁ、今回の謎検は前回より難しく感じました。問題数が50問に戻ったことで、1問当たりの濃度も上がっていたのかもしれませんね。

    平均点も前回の71点から46点へ、25点ダウンしていることから、 同じように感じられている方も多いのではないかと思います。

    で、個人的に、気になっていることがありまして、ちょっと調べてグラフにしてみました。

    以下の円グラフは、過去3回の謎検において、各問を「正答率」で便宜的に難易度区分し、それぞれにどのくらい「配点」されていたかを示すものです(各回とも100点満点)。



    「ふ〜ん」、「ほぉ〜」って感じでしょうか。
    (※評価や分析はしていませんのであしからず)

    【スポンサーリンク】